ジャック・ドゥーハン 「アルピーヌF1からオファーがあれば断るのは難しい」
ジャック・ドゥーハンは、2023年にアルピーヌF1チームでレースをするチャンスが巡ってきた場合、断るのは「非常に難しい」だろうと語る。

フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1に電撃移籍したことで、アルピーヌF1チームは2023年のエステバン・オコンのチームメイトを巡って不確実な状況にある。

現在、リザーブドライバーを務め、ジュニアキャリアをサポートしてきたオスカー・ピアストリを昇格させることを発表したが、直後にピアストリは声明を発表し、チームのために走ることはないと契約の有効性を否定した。

オスカー・ピアストリが、アルピーヌF1チームへの加入を拒否した背景には、マクラーレンとすでに契約を結んでいるからだとされている。

19歳のジャック・ドゥーハンは、アルピーヌF1チームが不利な状況に陥り、オスカー・ピアストリがマクラーレンF1チームに移籍することになった場合、チャンスを掴めることを期待している。

アルピーヌ・ドライバー・アカデミーの一員として、オスカー・ピアストリと同様に、ジャック・ドゥーハンは、アルピーヌが外部からの雇用に反対する決定を下した場合に、アプローチする次の最も論理的なドライバーになるだろう。

今年初めにアルピーヌ A521をテストドライブする機会があったジャック・ドゥーハンは、今シーズン、UNI-VirtuosiからF2に参戦して2勝を挙げ、現在、チャンピオンシップで9位につけている。。

アルピーヌF1チームからオファーがあった場合にF1デビューする準備はできているかと質問されたジャック・ドゥーハンは「何があってもチャンスを断るのは非常に難しいと思う」とSpeedcafeに語った。

「幸運なことに、少し経験を積む機会があった。まったく乗らないよりもF1カーで時間を過ごすことは間違いなく役に立つ」

「とはいえ、それを行うために必要な能力を備えているかどうかを確認するには、まだ多くのことを学び、深く研究する必要がある」

複雑な状況ではあるが、アルピーヌF1チームが最初の計画がうまくいかなかったという理由だけで、ジャック・ドゥーハンを昇格させる可能性は引く。

アルピーヌF1チームには、カスタマーチームとの提携がないため、ジャック・ドゥーハンを配置して、メインチームにジャンプする前に経験を積ませることができる場所はない。オスカー・ピアストリであれば実現していたかもしれないウィリアムズF1チームのシートも現実的ではないかもしれない。

最も可能性の高いシナリオは、オスカー・ピアストリが最終的にマクラーレンに移籍し、追放されたダニエル・リカルドがフリーエージェントになるというものだ。アルピーヌF1チームの代表を知停めるオトマー・サフナウアーは、2020年末にルノーを去るという冷酷な決断にもかかわらず、アルピーヌへの扉はリカルドに閉ざされていないとすでに述べている。

しかし、ダニエル・リカルドがアルピーヌF1チームに戻らないことを選択した場合、ルノーが外部の誰かを雇うか、それとも内部を調査するかが問題になるかもしれない。

これにより、誰かが短期契約を結ぶ道が開かれる可能性があり、若いジャック・ドゥーハンは、F1に到着する前に成熟し、より多くのレース経験を積むことができます.

7月のF2とのインタビューで、ジャック・ドゥーハンは、アルピーヌF1チームと協力することで、レースに関する知識をさらに深める多くの機会が得られ、将来そのような機会を得られることを期待していると語った。

「これまでに与えられた機会を見てほしい。F1テストだけでなく、F1チームのすべてのエンジニアとテストチーム、さらにはLMPのより広い範囲から学ぶことができる。プロジェクトも同様だ」とジャック・ドゥーハンは語った。

「つまり、F1だけでないし、それだけに焦点を当てているわけではない。もちろん、F1は僕の現在の目標であり、僕たちの目標でもあるけど、誰もがF1にたどり着けるわけではないので、彼らはドライバーが行くための他の分野を構築しようとしている」

「最終的な目標を達成するためには、多くのことが固まり、うまく行かなければならない。場合によっては、非常に才能のある多くのドライバーがモータースポーツの頂点に到達しないのを見てきた」

「彼らがやろうとしているのは、そういったドライバーがキャリアを継続し、持久力のある生涯を築くことができるようにするための道筋を作ることだ」

アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ