アルピーヌF1代表 「アロンソのアストン移籍にはお金の要因もある」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1に移籍したのは、単にアルピーヌが支払う意思のある金額よりもかなり多くのお金をオファーしたためだと考えている。

オトマー・サウナウアーは、冬にアルピーヌF1チームに移籍するまで長年、アストンマーティンF1(当時はフォース・インディア/レーシング・ポイント)のチーム代表だったため、フェルナンド・アロンソの2023年の電撃移籍についてコメントできる立場にある。

41歳のアロンソは、ルノーが所有するアルピーヌF1チームが、2回のF1チームチャンピオンの年齢に基づいて2023年の1年間の契約延長しかオファーしなかったことに腹を立てたと考えられている。

「人生において、すべての人に、年齢が心理的能力、目、脳、筋肉、神経系に影響を与える時が来る。それらは減退する」とオトマー・サフナウアーはEl Confidencialに語った。

「42歳で、シューマッハはロズベルグに倒された。 38歳のときなら、それは起こらなかっただろう。そして、それは我々全員に起こることだ」

もう1つの理論は、単にチームオーナーのローレンス・ストロールが使用した巨大な小切手によって、アストンマーティンF1にフェルナンド・アロンソが夢中になったというものだ。

「正直、彼らがアストンマーティンで彼にいくら払うのかは分からない。私には分からない」とオトマー・サフナウアーは語った。

「私が知っているのは、我々が今彼に支払うよりも多くのお金を彼に提供したということだ。これは論理的だ。誰もがそうであるように、最初は彼が交渉しようとしたのはその金額だったが、最終的には合意に達した」

「しかし、私には分からない。彼らが彼に非常に高い金額をオファーをしたという噂を聞いただけだ。それが決定的な要因だったかどうかは分からない。彼に聞いてみてほしい」

また、億万長者のローレンス・ストロールが、数年前にフェルナンド。アロンソにアストンマーティンF1のシートが空席になると言っていた可能性が示唆されている。

「去年アストンマーティンにいて、F1にずっといることを考えると、フェルナンドは去年、あるいは2年前に会話をしていたと言える」とオトマー・サフナウアーは認めた。

「そうであった可能があるように聞こえる。おそらく、そうだろう」

しかし、オトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソの2023年の後継者を今年アブダビの前にアロンソを交代させることで早期のスタートを切らせる可能性があるという噂は真実ではないと語る。

「まったく違う」とオトマー・サフナウアーは語った。

「なぜそうする必要がある? 彼は素晴らしいドライバーだ。我々が持っている最高の資産の1つであり、エステバン・オコンと共にマクラーレンを打ち負かすのに役立つ可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン