オトマー・サフナウアー 「アストンマーティンF1離脱は全関係者にとって良かった」
オトマー・サフナウアーは、チームに12年間在籍した後、アストンマーティンF1チームを離れることが「すべての関係者にとって良い」ことだったと考えている。

フォース・インディア、レーシング・ポイント、アストンマーティンと名前を変えてきたチーム・シリバーストーンで長年チームプリンシパルを務めていたオトマー・サフナウアーは、昨年11月のブラジルで移籍が噂された。

しかし、当時、オトマー・サフナウアーは、噂を否定し、雇用主との長期契約に拘束されていると主張していた。

しかし、元マクラーレンのチーム代表であるマーティン・ウィットマーシュをグループCEOに任命するなど、アストンマーティンF1の継続的なリストライニシアチブの中で、チームは1月にオトマー・サフナウアーの退職を発表。アルピーヌF1のチームプリンシパルとして移籍する道が開かれた。

昨年11月から年末までの間に何が変わったのか質問されたオトマー・サフナウアーは、詳しい理由は説明せず、単に「時間が進んだ」と述べた。

「その時点では去るつもりはなかった」とオトマー・サフナウアーは語った。

「しかし、時間が経ち、アストンマーティンF1の状況が変化したので、他の場所を見た方がすべての関係者にとって良いと思った」

オトマー・サフナウアーがチーム代表として加入したアルピーヌF1チームは、エグゼクティブディレクターのマルチン・ブコウスキーと特別顧問のアラン・プロストが二人がチームを去るなど、アストンマーティンF1と同じように経営陣の大幅な変革を遂げていた。

これまでのところ、オトマー・サフナウアーは、F1での新しい家に満足していると語る。

「本当に楽しんでいる」とオトマー・サフナウアーは語った。

「これで6日目だ。ファクトリーで数日過ごし、最初の数日でできるだけ多くの人に会いに行った」

「ホンダやブリティッシュ・アメリカン・レーシング、フォース・インディアなど、過去から知っている多くの顔を見て、嬉しい驚きを覚えた。どんな人々かはわかっている」

「そこには同じ方向に引っ張って上手くやりたいという志を同じくする大きなポテンシャルがある。彼らには素晴らしい歴史がある」

「彼らは以前に優れたインフラストラクチャを獲得したことがあるので、彼ら全員と協力することを本当に楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / アストンマーティン