アルピーヌF1、2022年F1マシン『A522』のエンジンを初始動
アルピーヌF1は、2022年F1マシンの名称が『A522』であることを公表するとともに、エンジンを初始動させたことを報告した。

昨年、ルノーF1改めアルピーヌF1として参戦を開始したチームは、エステバン・オコンがF1ハンガリーGPで初勝利。チームメイトのフェルナンド・アロンソもF1カタールGPで3位表彰台を獲得。アルファタウリ・ホンダとの戦いを制してランキング5位でシーズンを終えた。

アルピーヌF1は1月21日(金)、2022年F1マシン『A522』に搭載したエンジンを初始動させたことを報告。そのサウンドを公開した。


「これがアルピーヌの革新と進歩の新時代を告げる我々のファイヤーアップのサウンドだ。F1テクノロジーの限界を押し広げる。エンストンとヴィリーのコラボレーション精神のショーケースだ。A522の誕生だ。これが我々の最初の2022年のファイヤーアップだ」

アルピーヌのF1マシンには、1975年のA500 F1プロトタイプのA500にちなんだ記号が与えられ、『A522の22は2022年を表す。

アルピーヌF1にエンジンを供給するルノーは、2022年に新型エンジンを投入。昨年マシンA521は冷却のために巨大なこぶを特徴としていたが、新型エンジンはよりコンパクトになり、ボディワークは狭くなり、ドラッグが削減されると伝えられている。

同時にパワーアップも図られているが、今月、チームの非常勤取締役およびアドバイザーを退任したことが明らかになったアラン・プロストは「信頼性に問題」があることを明らかにしている。

アルピーヌF1は、A522の発表日をまだ公表しておらず、噂ではオーストリアの水処理会社であるBWTがスポンサーとして加わり、マシンにピンクのカラーリングが加わるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ