アラン・プロスト、アルピーヌF1離脱の情報漏洩に不快感「敬意に欠ける」
アラン・プロストは、アルピーヌF1のアドバイザーの役割を退任するというニュースが自分の承認なしに漏らされたことに不快感を示した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、2017年からルノーが所有するF1チームのアドバイザーを務めてきたが、2022年にチームとの関係は解消されることになった。

このニュースはF1公式のウェブサイトに掲載されたが、アルピーヌF1のサイトには掲載されていない。

アラン・プロストは、アルピーヌF1離脱のニュースを確認する一方で、それが公になった方法に不快感を示した。

「このニュースが今日どのように発表されたかに非常に失望している」とアラン・プロストはInstagramに当恋した。

「アルパインと一緒に発表することが合意されていた!申し訳ないが、敬意に欠けている!」

「個人的な関係によって、アブダビで2022年シーズンのオファーを断っていた。私は正しかったようだ! エンストンとシリーのチームへ、寂しくなるね」

アラン・プロストのアルピーヌF1チーム離脱のニュースは、エグゼクティブディレクターのマルチン・ブコウスキーの退任の発表直後に公にされた。事実上のチーム代表だったブコウスキーの後任には、元アストンマーティンF1のチーム代表であるオトマー・サフナウアーが就任すると噂されている。

プロストからアルパインで働くことはもうないという確認は、常務取締役のマルシン・ブドコウスキーの辞任が発表された直後に行われ、2年連続で上級管理職の交代が行われました。元アストンマーティンチーム​​のプリンシパルであるオトマールサフナウアーは、昨年末からフランスのコンストラクターへの移籍に関連しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ