アルピーヌF1、周冠宇ではなくオスカー・ピアスyトリとの将来を選択
アルピーヌF1は、周冠宇ではなくオスカー・ピアストリの将来を選んだ。

アルピーヌF1のアカデミードライバーである周冠宇とオスカー・ピアストリは、二人とも2022年のアルファロメオF1のドライバー候補に挙げられていた。今年、フタリはFIA-F2でタイトルを争っており、2大会6レースを残して、ピアストリが周冠宇36ポイント差をつけて首位に立っている。

だが、タイトルの決着を待たずにアルファロメオF1は2022年のドライバーとして周冠宇を起用することを発表。同日、アルピーヌF1は、オスカー・ピアストリを2022年の公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールの発言から、アルピーヌF1は、周冠宇に関しては放出を許可したものの、オスカー・ピアストリに関しては許可しなかったことが伺える。

アルピーヌF1は、エステバン・オコンと2024年まで契約を結んでいるが、フェルナンド・アロンソについては2022年までとなっている。

「彼(周冠宇)はもはやアルピーヌによって管理されてはおらず、アルピーヌとの契約はもうない」とフレデリック・ヴァスールはAuto Motor und Sportにコメント

「それは私にとって重要だった。私も今後のために自由に仕事をする必要がある。2023年に道がないことを分かっている1年間のプロジェクトでは意味がない」

「アルピーヌとは良い関係を築いている。そして、彼らと状況について非常に率直に話し合うこも重要だった。結局、彼らにとっても良い話だっった。彼らは彼がF1に来るのを助けた」

「ドライバーそれぞれについて状況を確認しなければならない。ピアストリはアルピーヌとの契約がある。彼を1年だけ起用することもできたかもしれない」

「だが、私は将来の選択肢を自由に選べるようにしたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / 周冠宇