中国人ドライバーの周冠宇 「自分の存在はF1の視聴者数の増加につながる」
周冠宇は、中国人の視聴者のおかげでF1オーストリアGPのフリー走行1回目での出走によってF1の視聴者数の増加につながったと予想している。

アルピーヌF1の育成ドライバーである周冠宇は、F1オーストリアGPで金曜日にグランプリ週末デビューを果たし、フェルナンド・アロンソに代わってアルピーヌA251を走らせた。

周冠宇は、2013年にHRTとケータハムで出走したマー・チンホワに次いでF1の公式セッションで走行した2人目の中国人ドライバーとなった。

周冠宇は、自分の走行が中国で大きな関心を集めたと考えており、グランプリ週末のF1視聴者数にそれが現れることを期待している。

「このFP1を見ている人は大勢いる」と周冠宇はセッション後に語った。

「正直言って、通常のグランプリの週末以上になると思うし、視聴者の数を確認する時間ができたら振り返るつもりだ」

「明らかに、中国人ドライバーが7年ぶりに練習セッションに足を踏み入れたことで、人々は見ていると思うし、驚いているはずだ」

22歳の周冠宇は、大きなミスを犯すことなく、11番手で終えたエステバン・オコンから0.5秒未満の14番手でセッションを終えた。

周冠宇は自分の仕事に満足しており、多くの人が見ているというプレッシャーが彼を限界まで運転するように促したと語った。

「正直なところ、肩に大きなプレッシャーを感じて週を始めた」と周冠宇は付け加えた。

「神は、特に母国で何人の人が見ているかを知っているからね。中国では、おそらくレース以上に誰もが見ていた」

「だから、ミスを犯さず、うまくやらなければならなかった。アロンソのマシンのケアしながた、自分自身を限界まで押し上げつつ、自分自身を楽しんだ」

「間違いなくそれができたと思う。プッシュラップでやりたいと思っていたように強くプッシュすることができた」

周冠宇は、F2に戻ってタイトル争いを続けるなかで、ドライバーとしてのこの経験が全体的に向上すると感じている。

「新しいフォーマットによって、多くの人がチャンピオンシップに勝つことができる」と周冠宇は語った。

「FP1セッションは僕に多くの自信を与えてくれたので、次回マシンに飛び乗ったときは、もっとリラックスして、もう少し集中する準備ができているだろう」

「今日は間違いなくドライバーとしての僕に大いに役立った」

アルピーヌF1は、周冠宇を含めた多くの若手を育成ドライバーとして抱えているが、チームのシートはフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンによって埋まっている。チームは若手を他チームにレンタルすることを検討しており、中国の資金をもたらす周冠宇は魅力的な存在になると考えられている。

周冠宇(Guanyu Zhou) / 2021年 F1オーストリアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ