アルピーヌF1、エステバン・オコンとの契約を2024年まで3年間延長
アルピーヌF1は、エステバン・オコンとの契約を3年間延長したことを発表。2024年までドライバーを務めることが決定した。

エステバン・オコンは、2016年シーズンの途中でマノーでF1デビューを果たした後、2017年と2018年にフォース・インディアに移籍。1年間のブランクを経て、2020年にルノーでフルタイムでのレースドライバーに復帰。F1サヒールGPでは初表彰台となる2位フィニッシュを果たした。

2021年にアルピーヌF1に名前を変えたチームでもエステバン・オコンはパフォーマンスを発揮し。イモラからモナコまで4戦連続でポイントを獲得。ポルトガルGPでは予選6位、スペインGPでは予選5位と一発の速さで輝きを見せている。これまで73戦に出場し、210ポイントを獲得している。

アルピーヌF1は「エステバンとの契約延長は、スポーツのスターとしてのフランス人に対するチームの信念と世界選手権の成功という長期的な目標へのコミットメントを浮き彫りにしている」と語った。

現在のチームメイトであるフェルナンド・アロンソは、2022年まで契約を結んでおり、新しいレギュレーションが導入される2022年をアルピーヌF1はアロンソ/オコンというラインナップで戦う。

エステバン・オコンは「今年を超えてチームと続けられることをうれしく思う。アルピーヌとの将来を確保できて素晴らしい気分だ」とコメント。

「チームに参加して以来、一緒に順調に進んでおり、今後もその旅を継続することを目指している。特に2022年の新しいレギューレションに関して、僕たちの前に大きな課題がある。僕たちは一緒に一生懸命働き、物語を続けることによって目標を達成できると確信している」

「昨年のサヒールグランプリで表彰台を獲得したことをよく思い出すし、そのような特別な思い出をもっと作りたいというモチベーションになっている。次の章を本当に楽しみにしている。でも、今のところ、僕たちは今シーズンに非常に集中しており、今後の各レースに取り組んでいく」

アルピーヌ・カーズのCEOを務めるローランス・ロッシは「我々は、アルピーヌ ファミリーの一員としてエステバンを維持できることを非常に誇りに思っている」とコメント。

「2020年にチームに戻って以来、エステバンは自信と才覚を伸ばし、一貫して良い結果をもたらし、チームと一緒にマシンを開発する手助けをしている」

「彼の若い年齢にもかかわらず、彼はF1で非常に経験があり、彼の成熟度と運転能力の両方で前向きな軌道を進んでいる。現在、彼は我々にとって強力な資産であり、新しいレギュレーションの課題に対応するために今後も活躍してくれるだろう」

「我々は、チームとブランドを次のレベルに引き上げ、その長期的な目標を達成するために、エステバンを全面的に信頼している。エステバンは、アルピーヌのグローバルプロジェクトに深く関わっており、F1を超えた我々の資産だ。個性と価値観をもったエステバンは、アルピーヌにとってパーフェクトなアンバサダーだ」

「今のところ、フランスでのホームグランプリで2021キャンペーンを継続し、残りのすべてのレースウィークエンドで可能な限り最高の仕事をすることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / エステバン・オコン