アルピーヌF1、ウィリアムズのジュニアチーム化を計画
アルピーヌF1は、ウィリアムズとの提携を目指しており、最終的にジュニアドライバーたちにシートを与える場所することを計画していると La Gazzetta dello Sport が報じている。

現在、ウィリアムズはメルセデスのF1エンジンを搭載しているが、アルピーヌF1のオーナーであるルノーは、マクラーレンの代わりとなカスタマーチームを得ることできなければ、競争力で遅れをとることを懸念しているという。

ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは、ウィリアムズを、ハース、アルファロメオ、もしくはアルファロメオのようなチームにしたいと考えており、最終的にアルピーヌ・アカデミーの育成ドライバーにF1での経験を積ませるための場にしたいと考えているという。

「スポーツを理解している他の人と同じように、デメオは、アルピーヌが単独でいる限り、3つのカスタマーチームを持つメルセデスと戦うことはできないことを知っている」と La Gazzetta dello Sport は主張する。

アルピーヌF1の育成ドライバーには、元F1ドライバーのマーク・ウェバーがマネジメントを担当するオスカー・ピアストリ、そして、周冠宇、クリスチャン・ルンガーがおり、3人とも今季はFIA-F2に送り込まれる。

アルピーヌ・アカデミーのボスであるミア・シャリズマンは、今年3名全員が輝いた場合、アルピーヌはF1グリッドで彼らのための場所を見つけるのに苦労する可能性があることを認める。

「正直に言うと、今のところプランAとプランBを用意する必要がある。それは、我々の心の奥底にあることだ」とミア・シャリズマンは語った。

「しかし、それは我々にとっては問題ないことだと思っており、うまく管理できるはずだ。我々は3人のドライバーが彼らが望む場所に確実に到達できるようにすることができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー / ウィリアムズ