アルファタウリF1代表 「FIAはポーパシング対策で良い対応をした」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、FIA(国際自動車連盟)がポーパシング(ポーポイズ現象)を抑制するために主張を曲げない新しい技術指令を貫いたことで、この問題に対して「非常に良い対応」を示したと語った。

2022年のF1世界選手権は、ポーパシングが流行語となった。新世代F1マシンがダウンフォースを生成するためにグラウンドエフェクト効果の空力コンセプトを採用した結果、いくつかの車よりも多くのバウンシングに苦しんだ。

バウンシングは、メルセデスF1チームなどの一部のチームにとってより深刻であるだけでなく、アゼルバイジャングランプリなどの一部のサーキットではフィールドの半分以上が不満を漏らしており、他のチームよりも悪化していた。

それ以来、ポーパシングは沈静化していったが、FIAは、ベルギーグランプリ以降に適用される新しい技術指令を引き続き進めていくことを確認した。

したがって、F1が再開されるスパ・フランコルシャンでは、新しい技術指令がレースに大きな影響を与える可能性がある。

FIAの声明によると新しい技術指令は「現象を測定し、チームが自分の車が安全であると見なされるために、特定のしきい値以下で動作することを期待する」と述べている。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストはFIAの介入を称賛した。

「レギュレーションの面でFIAは良い仕事をしていると思う」とフランツ・トストはGPFansに語った。

「このバウンシングなどで、チームがレギュレーションの変更のために安全性を使用するときは簡単なことではない。FIAは非常に良い対応を示した」

「今、我々は指標を手に入れた。彼らは技術的指示を出した。チームは今、限界が何であるかを正確に知っている。彼らはこの範囲内にとどまらなければならない」

「今後ドライバーがすべてをコントロールできないほどマシンがバウンドしないように調整するのはチーム次第だ」

スパ・フランコルシャンの時点で、FIAは厚さ測定穴の周りのプランクとスキッドの両方の剛性要件を再定義するためのルールも変更した。これは、F1チームが割り当てられた2mmを超えてフロアを曲げることができる灰色のエリアでプレーすることを防ぐために行われる。

また、FIAはポーパシングを考慮して「フロアエジッジが15mm高くなる」2023年のF1レギューレションn変更を発表した。F1チームのメカニパルパーツの設計に影響を与えないように注意しながら、ディフューザーのスロートの高さを上げ、ディフューザーエッジの剛性が高められる。

「現象をより効果的に監視するために、追加のセンサーが義務付けられる」

常にF1ドライバーの健康と安全を第一に考えなければならないが、ポーパシングはF1チームがある程度解決できる問題でもある。

問題の簡単な解決策は車の車高を上げることだが、それはダウンフォースを失い、ペースを失うことを意味するため、F1チームはそれを望んでいない。

メルセデスF1チームは、アンドリュー・ショブリンがW13のポーパシングは「もはや問題ではない」と宣言している。今後、F1チームは、バウンシングが再発しないようにしながら、失われたダウンフォースを取り戻す必要がある。

レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは、ポーパシングの解決策は車高を上げることであると不平を言っていたが、垂直方向の振動に関するFIAの制限を超えるスパ・フランコルシャンの車はすべて車高を上げなければならない。FIA は、F1チームが自分たちで行うことができた解決策を義務付けたが、彼らは望んでいなかった。

しかし、クリスチャン・ホーナーとフェラーリによる長期にわたるFIAへの介入は、フロアエッジの上昇を当初の25mmではなく、15mmまで抑えることに決定に成功した。彼らは、一部のF1チームだけが極端なバウンシングに苦しんでおり、それらのF1チームは車の車高を上げることでそれを解決できるのに、FIAが介入してすべてのF1チームにフロアエッジを上げることを強制することが公平であるかどうかを尋ねていた。

スクーデリア・アルファタウリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / FIA