アルファタウリF1首脳、ピエール・ガスリーのレッドブル降格劇を回顧
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2019年にレッドブル・レーシングから降格された後、チームに戻ったときのピエール・ガスリーのメインドセットと「すぐに仕事に戻った」姿勢を称賛した。

当時、トロロッソを名乗っていたレッドブルジュニアチームでレースをしていたピエール・ガスリーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格。

だが、マックスフェルスタッペンとの対戦に苦労し、わずか12戦後に突然ファエンツァチームに送り返された。

しかし、ピエール・ガスリーのパフォーマンスは、曖昧になるのではなく、大幅に向上し、そのシーズンにブラジルでF1初表彰台を獲得し、その過程でレッドブル・レーシングでのベストリザルトを上回った。

ピエール・ガスリーは、将来レッドブル・レーシングに戻りたいという願望を秘密にしなかったが、ガスリー自身も“論理的”と認めるセルジオ・ペレスとの2024年末まで契約延長を考えると、今後、その移籍が実現する可能性は低い。

一方、ピエール・ガスリー自身は、レッドブル/アルファタウリの契約が2023年の終わりに終了したときに、彼の選択肢を評価するように設定されている。

ジョディ・エギントンは、チームがアレクサンダー・・アルボンと席を入れ替えた後、彼が再び一緒に仕事をしたいのかを疑問に思っていたことを認めたが、それは重大な問題ではなかったと振り返った。

「ピエール自身は、それに対する彼の気持ちや感情を明確に説明していると思う」とガスリーのチームへの復帰について質問されたジョディ・エギントンはBeyond the Gridに語った。

「しかし、正直なところ、彼は我々のチームを去り、戻ってきて、車に飛び乗り、その理由がどうこうは考えずに仕事をした」

「彼はすぐに仕事に戻っていた。まるで彼が離れていなかったかのようだった。そして、彼がそれをうまくやったのは彼の功績だと言わざるを得ない」

「ご存知のとおり、悲しい顔などを見せることはなかった。すぐにまた彼と一緒に仕事ができて本当に嬉しかった」

「それは我々が多く話したことではない。彼が戻ってくる前、我々は突然『彼はどうなるのだろうか』と思ったが、彼はそれをすぐにやり直し、エンジニアはそれをやり遂げたのは彼の功績だ。そして、我々はひたすら彼と仕事をしたし、彼と一緒に仕事ができてうれしく思っている」

「信じられないかもしないが、それほど大きなことではなかった。『オッケー、我々は彼のことを知っている、彼は仕事に戻ってきた。どんどん進めよう』くらいの感じだった」

レッドブル・レーシングでのピエール・ガスリーは、予選と決勝の両方で、純粋なペースでマックス・フェルスタッペンに十分に近づくことはできなかった。フェルスタッペンは、ガスリーが降格するまでに獲得していた63ポイントに対して181ポイントを獲得していた。

しかし、それ以来、ピエール・ガスリーは、複数の表彰台を獲得してレースウィナーとなった。ジョディ・エギントンは、ガスリーが才能を発揮し、戻ったときに中断したところから再開できたと感じている。

ピエール・ガスリーは、より強いドライバーとしてトロロッソに戻ってきたかと質問されたジョディ・エギントンは「間違いなくね」と答えた。

「良い経験と悪い経験から学ぶとよく言われるが、彼はより良いドライバーになって戻ってきたし、精神的になって強く戻ってきた。それが実際に大きなドラマはなかったと私が言う理由だ」

「彼は自分がやりたいことを知っていた。彼はどこに行きたいかを知っていた。我々は少しフォームが好転したさせていたし、車はいい感じだった。そして、彼はその車の開発に貢献した」

「だから、我々には『ここで何が起こっているのか本当にわからない』という期間はまったくなかった。彼はすぐに仕事に戻ってきた。それは私たちにとってとても簡単で、素晴らしかった」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル / ピエール・ガスリー