アルファタウリF1代表 「ミッドフィールドのライバルに“2歩”遅れている」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年シーズンの困難なスタートの後、現在チームはミッドフィールドでの戦いでライバルに「2歩遅れている」と考えている。

スクーデリア・アルファタウリは、今年のオープニング4レースを終えて、コンストラクターズチャンピオンシップで7位に位置しており、ミッドフィールドの戦いでマクラーレン、アルファロメオ、アルピーヌに続いている。

各グランプリで、スクーデリア・アルファタウリはまだダブル入賞を果たすことができておらず、ミッドフィールドのライバルの多くと完全なペースで匹敵することに苦労している。

先週のイモラでは、角田裕毅とピエール・ガスリーの両方が戦略ミスにより予選Q1敗退を喫したが、角田裕毅は日曜日のレースで7位に挽回し、チームのこれまでのベストリザルトを記録した。

スクーデリア・アルファタウリが現時点でF1ライバルに一歩遅れていると思うかと質問されたフランツ・トストは「現在、1歩どころか、2歩遅れていと言える」と語る。

「したがって、追いつく必要がある。ミッドフィールドは非常に拮抗しており、すぐにアウトになってしまうため、予選のようなミスを防ぐ必要がある」

4レースを終え、アルファロメオ、アルピーヌ、アルファタウリ、ハースは10ポイント以内にひしめいているが、アストンマーティンとウィリアムズも今シーズンすでにポイントを獲得しており、残りの期間でフィールド全体で緊密な戦いが予想される。

Formel1.deとの別のインタビューで、フランツ・トストは、シーズン序盤のAT03のパフォーマンスと信頼性の両方について「懸念」しており、「両方とも今は欠けている」と述べた。

スクーデリア・アルファタウリは、2022年のコンストラクターズチャンピオンシップで5位に入賞することを目標としているが、フランツ・トストは進歩の兆しが見られなければ到達できないと感じている。

「改善しなければ、それは非現実的だ」とフランツ・トストは語った。

「パフォーマンスと耐久性を改善する必要がある。そうしなければ、それは不可能だ」

スクーデリア・アルファタウリの最大の信頼性の頭痛の種の1つは、角田裕毅が2基のエンジンを失い、アウジアラビアで今年の3基目で最後のICEに入れていることにある。

「我々はまだ大きな問題を抱えている」とフランツ・トストは言いました。

「裕毅は数回かなり後方からスタートしなければならないだろう。実際にはそれはまったく計画されていなかったことであり、すでに心配している」

スクーデリア・アルファタウリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ