アルファタウリF1代表 「角田裕毅の運命は彼の手に委ねられている」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2年目のシーズンのチャンスを与えられた角田裕毅の運命は彼自身が握っていると語る。

昨年F1デビューを果たした角田裕毅は、スピードと将来性を垣間見せる瞬間もあったが、同時にミスやクラッシュも多く、チームメイトのピエール・ガスリーに影を落とされた。

角田裕毅は、デビュー戦となったF1バーレーンGPで9位入賞を果たしたが、その結果を土台にすることに苦労した。ピエール・ガスリーは、アルファタウリF1をコンストタクターズチャンピオンでの5位争いに保つために一貫してポイントを獲得していったが、角田裕毅は自信を失い、6回のトップ10フィニッシュに留まった。

当時の自分を“怠惰なろくでなし”だったと振り返る角田裕毅は、シーズン途中にアルファタウリのファクトリーがあるイタリアへの転居を命じられ、シーズン序盤のスランプから抜け出すためには規律のあるアプローチが必要だった。

アルファタウリF1のチーム代表であるフランツ・トストは、角田裕毅がそれを好転されることを疑わなかったが、2シーズン目を前にその生の才能を結果に変えるには「今は彼の手に委ねられている」と語る。

「裕毅は本当に素晴らしいドライバーだとしか言えない」とフランツ・トストは語った。

「今、彼がこれから作り上げていけるかは彼の手に委ねられている。才能があることは1つのストーリーに過ぎないからだ。私は本当に才能のあるF1ドライバーを何人か知っているが、彼らはおそらく1レースに勝ったか、レースに勝てなかった」

「F1ドライバーとして十分な体力トレーニングを行うことができていなければ、栄養は非常に重要であり、本当に訓練される必要がある。そして、生き方の全部がF1が要求するものと100%一致している必要がある」

「今、これは彼の手に委ねられている。我々は彼に助言することしかできない。それから彼が彼自身でそれをしなければならない。そして、これは彼が本当のトップスターになれるかどうかが見極められる部分だ。ドライビング面では彼はそれをすることができているる。あとは彼次第だ」

フランツ・トストは、角田裕毅のシーズンはルーキーシーズンの「素晴らしい例」であり、彼は傑出した、そして、今では経験豊富なピエール・ガスリーとペアになっているため、実際よりも悪く見えたと語った。

「裕毅のシーズンはルーキーシーズンの素晴らしい例だ」とフランツ・トストは説明した。

「過去にもそれは同じだったが、ルーキーの隣に非常に経験豊富なドライバーがいたのは今年が初めてだった」

「通常、2人のルーキーまたは1年の経験を持つドライバーからスタートしたが、違いはそれほど明白ではなかった」

「裕毅に何が起こったのかは簡単に説明できる。バーレーンで彼は良いレースをし、9位でフィニッシュした。すべてが素晴らしかった。そして、裕毅はすでに限界を超えていたので、すぐにクラッシュすることは明らかだった」

「しかし、それは若いドライバーで常に同じだ。我々は彼らに『ヘイ、君は限界にいる』と言う。そして、私は裕毅が彼の頭の中に何を考えていたかを正確に分かっている。バーレーンの後、彼は『F1はそれほど難しくはないね』と考えていた。それは若いドライバーの典型だ」

予選とレースの両方で攻撃的な角田裕毅はイモラでのクラッシュを皮切りに、ミスが多発し、その後のレースで自信を失っていった。それによってイタリアへの転居が手配された。

「彼はショックを受け、自信を失った」とフランツ・トストは付け加えた。

「当然、『僕はこれをやることができるのか? F1は僕には速すぎるのだろうか?』という疑問が浮かぶ。それはすべてのドライバーで同じだ。だが、裕毅の場合、それはとても素晴らしい例だ」

「これが、若いドライバーがF1を少し理解するのに最低3年かかると私が言う理由だ。なぜなら、F1は人々が考えるようにはるかに複雑だからだ」

「彼はもっと多くのことを知っているので、来年はまったく別の話だ。我々は正しい決断をしたと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅