アルファタウリF1代表 「角田裕毅への忍耐が成果を挙げることを期待」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅がジェットコースターのようなルーキーシーズンから教訓を学び、レッドブルの角田への信頼がアルファタウリF1での2シーズン目に報われることを期待している。

角田裕毅は、2021年にF2からアルファタウリF1へのステップアップをレッドブルに納得させたが、開幕戦でポイント獲得という力強いスタートを切った後、ミスとクラッシュが多発し、パフォーマンスと一貫性に苦労した。

シーズン途中にアルファタウリの拠点があるイタリアへの転居は、角田裕毅が焦点を合わせることに役立ち、また、アレクサンダー・アルボンをコーチにつけるというレッドブルF1の決定もシーズン終盤に角田裕毅に落ち着きをもたらした。

結果を見れば、アルファタウリは2021年にコンストラクターズチャンピオンシップでアルピーヌF1に13ポイント差をつけられて5位を逃したが、フランツ・トストは角田裕毅の経験不足を決定要因として指摘することを拒否した。

「もちろん、経験で比較すれば、ピエールは110ポイント、裕毅は32ポイントだった」とフランツ・トストはRacingNews365.comに語った。

「しかし、これはシーズンの初めに私には明らかだった。それはルーキードライバーに支払わなければならない代償だ」

角田裕毅はアブダビで4位入賞を果たし、事故ベストリザルトでシーズンを締めくくった。フランツ・トスト、角田裕毅が2年目にレッドブルの期待に応えてくれることを期待している。

「これは教育プロセスであり、アルファタウリとレッドブルにとって、その成果は来年(2022年)に得られると思う」とフランツ・トストは語った。

「裕毅は、経験を積むにつれて、もちろん、より多くのポイントを獲得するだろう。だが、一度、酸っぱいリンゴを噛まなければならなかった。そして、それは仕方のないことだ」

アルファタウリF1のガレージの反対側にいるピエールガスリーは、F1で5回目のフルシーズンであり、実質的にベテランだ。

フランツ・トストは、2021年にアルファタウリのポイントの大部分を獲得したピエール・ガスリーが、与えられたマシンから一貫してパフォーマンスを最大化できることを示したと考え問えり、今年も強力なマシンを与えられることを期待していると語る。

「彼にとても満足している。彼はとても素晴らしく劇的に改善した」とフランツ・トストは語った。

「彼の学習曲線はまだ上がっている。それも重要だ」

「ピエールは素晴らしい仕事をしていると言わざるを得ない。来年も彼に優れた競争力のあるパッケージを提供できることを願っている。そうしれば、彼が常にトップ6やトップ7以内にいるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / 角田裕毅