アルファタウリ・ホンダF1代表 「角田裕毅にとって大きなラーニングプロセス」 F1トルコGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、2021年F1トルコGPの決勝レースを振り返った。

ウェットコンディションとなったF1トルコGPで、アルファタウリ・ホンダF1が、ピエール・ガスリーが6位入賞。角田裕毅は、序盤にルイス・ハハミルトンを抑える走りをみせたが、その後、スピンを喫したことが響き、14位でレースを終えた。

「ここトルコでは、とても上出来な週末となった」とフランツ・トストはコメント。

「昨日は両マシンともに予選をトップ10以内でフィニッシュし、ピエールは今日のレースをハミルトンのペナルティにより4位でスタート、裕毅は9位スタートのポジションとなった」

「残念なことにピエールはターン1でアロンソと接触してしまい、5秒のペナルティを課せられ、最初のピットストップを余儀なくされた。しかし、彼はそのあと7秒差で後ろにいたノリスを抑え6番手をキープしてくれた。ピットストップ後、彼は6位を守りきり、今日の難しいコンディションにも関わらず素晴らしい仕事をしてくれた」

「ドライバーたちにここまで多くのラップ数をインターミディエイトで走ってもらったのは今日が初めてだったので、タイヤがどれほど保つのかや、どれほど機能しているのか、エンジニアサイドの誰も分かっていなかった。そのためいつピットへ呼ぶのかの判断が難しかっただ。しかし、我々の戦略チームは良い仕事をしてくれたと思うし、特にピエールは正確なタイミングでストップをしてくれた」

「また、裕毅も良いスタートを切った後すぐさま8番手を獲得し、そして長い間後ろにいるハミルトンを抑えて走るという素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた。その後は不運なことにスピンをし、14位になってしまった。彼はウェットの中を走る経験がそこまで多くないので、これは彼にとって大きなラーニングプロセスになったと思うし、インターミディエイトの働きや、こういったコンディションの中でのマシンに関しての理解が深まったと思う」

「概して、チームは今週最高のパフォーマンスを見せ、ポイントを獲得してコンストラクターズチャンピオンシップの5位争いに貢献してくれた。次戦のアメリカを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅