アルファタウリ・ホンダF1代表 「23戦が嫌ならF1の仕事など辞めるべき」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年の23戦のF1カレンダーが嫌ならF1の仕事を辞めるべきだと語る。

新型コロナウイルスのパンデミックによって過去数年間は拡張されたカレンダーは計画通りに進まなかったが、F1は2022年に史上最多の23戦のレーススケジュールを目標にしている。

レース間のブランクも圧縮されることになり、F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、3月にシーズンが開幕し、終了は12月ではなく、11月中旬に閉幕する暫定スケジュールを明らかにしている。

当然のことながら、そういった過密スケジュールは、スタッフの福利厚生に関して議論を生み出しているが、フランツ・トストはそのような懸念を共有してない。

フランツ・トストは、多くのテストが行われていた昔ほどスケジュールは過密ではないと主張し、2022年のカレンダーが嫌な人はF1に参加するべきではないと考えている。

2022年シーズンにアルファタウリ・ホンダのスタッフをどのように面倒を見ているかと質問されたフランツ・トストは「23戦のレースが行われることが分かった。素晴らしいことだ! 私はそれを楽しみにしている」とF1トルコGPの記者団に語った。

「トラックの人々に関しては、まず第一に我々はレースチームであり、彼らは皆、我々ができるだけ多くのレースすることを喜んでいるはずだ」

「我々の人々、たとえばメカニックのケアに関しては、週末のレースの後、彼らには3~4日間は家にいることができる休暇がある」

「エンジニアはもう少し難しいが、昔を思い出せば、週末のレース後にテストをしなければならなかったし、そこでも働かなければならなかった」

「我々は皆、F1が23レースを開催できるポジションにいることを幸せに思うべきだと思うし、それを気に入らないのであれば、彼らは辞めるべきだ」

2022年にはさらにトリプルヘッダーが登場する予定だ。どちらも夏休みの後で、シーズンの混雑したセクションになりそうな場所で開催される予定だ。

フランツ・トストは、2021年の場合と同様にベルギー、オランダ、イタリアで構成されている最初のトリプルヘッダーは「簡単」であり、その後、ロシア、シンガポール、日本のグランプリの3連戦はも「問題」は見られないと語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1