アルファタウリ・ホンダF1 「2022年マシンのプロジェクトも妥協しない」
アルファタウリ・ホンダF1は、2021年のF1世界選手権の有望なスタートが、今年と来年の開発プロジェクトの間でリソースを分割する方法に影響を与えることはないと語る。

F1は、2022年に完全に新しい技術規制を導入する。そのため、多くのF1チームが、事実上、勢力図がリセットされる2022年のF1世界選手権を長期的な進歩を遂げる機会と見なしている。

アルファタウリ・ホンダF1は、2021年の開幕2戦で有望なペースを示し、ピエール・ガスリーが2戦連続で予選5番手を記録。決勝では両方のグランプリで一連のインシデントに見舞われたにもかかわらず、チームはコンストラクターズチャンピオンシップで5位に位置している。

ミナルディ、そして、最近ではトロロッソとしての時代にまでさかのぼり、35年の歴史の中で全体で6位を超えて終了したことはないが、2022年の開発プロジェクトから今季にリソースを振り分けるという誘惑に駆られてはいないとテクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンは語る。

「2022年は大規模なプロジェクトだ」とジョディ・エジントンは語る。

「個人的に、テクニカルグループのリーダーとして、来年のクルマに妥協はないと感じている」

「2022年に移行するリソースを考えると、このマシンで行うことを最大化できるかが課題だ。『2021年をもっとプッシュしよう。そして、2022年はその最終結果』と言えるポジションにはいないと思う」

「すべてのチームが両立が難しい状況でバランスを取ることになる。新しいマシンにはすでに多くのリソースが割り当てられている。『今年は我々のチャンス』と信じて、ひとつのことに全てを賭けるようなことはしない」

「今年は昨年よりも、昨年は前年よりも良くなっているように見える。2022年も同じだ。次のステップに進みたいと考えてる」

「意見を変えて、来年妥協するつもりだと言うのはは受け入れられないと思う」

それにもかかわらず、AT02で得られた利益は、アルファタウリ・ホンダF1がチャンピオンシップの上半分に分類するという野心を達成できるものであることをジョディ・エジントンは期待している。

「我々はしっかりとミッドフィールドにいる。フランツ(トスト)は、チャンピオンシップで5位争いすることが目標であると明確に述べている。それが、我々が目指していることです」とジョディ・エジントンは語る。

「このマシンは昨年よりも競争力があり、冬の間は技術的な目標を達成した。それらはギャップを埋め、マシンのパフォーマンスと動作をより広い範囲で向上させることを目的としており、我々はその旅に出ている」

「今ここに座って『このスペースを見て』と言うほど私は世間知らずではないが、我々は現時点で一歩を踏み出したと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1