アルファタウリ・ホンダF1のイベントでドヴィツォーゾがF1を語る
アルファタウリ・ホンダF1のイベントに2輪の有名な人物の一人であるアンドレア・ドヴィツォーゾが参加。F1について語った。

アルファタウリ・ホンダF1にとって先週末イモラで開催されたF1エミリア・ロマーニャGPはホームグランプリ。グランプリの週末にはモーターバレーの企業がイモラのメイン広場でイベントに参加した。

アンドレア・ドヴィツォーゾは、アルファタウリ・ホンダF1のファクトリーから数キロのフォルリンポーポリ出身の2輪ライダー。MotoGP選手権の3つのクラスで24勝を挙げ、125ccクラスでタイトルを獲得している。昨年、8シーズン過ごしたドゥカティを離れ、2021年シーズンは休業している。

四輪レースのファンでもあるアンドレア・ドヴィツォーゾは、アルファタウリ・ホンダF1のレーシングスーツに身を包み、F1マシンのコックピットを体験。F1、そして、MotoGPへの思いについて語った。

「このようなマシンを試することは将来の僕の夢なんだ。過去に僕が試したものとは段違いだし、とても急進的だ。本当に試してみたいね」とアンドレア・ドヴィツォーゾはコメント。

「ずっとバイクに乗っていたので、後から車のファンになったことに疑問の寄りはなかった。F1のプロ意識は信じれないくらいだ。過去10年間、MotoGPは少しそれに従って、バイクはとても競争的になった。すべてのバイクが競争的になったのはそれが理由でもと思う」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / MotoGP