アルファタウリF1 「角田裕毅のマシンで新しいコンポーネントをテスト」 / F1エミリア・ロマーニャGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGP 初日の作業を振り返った。

アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが好走を見せ、FP1で5番手に。角田裕毅はガレージでの作業時間が長引きいて20番手となったが、午後は両選手とも快調なペースを披露し、ガスリーがトップと0.078秒差の3番手、角田はペレスの直後の7番手につけた。

「ここに戻ってチームのホームサーキットでレースをするのは素晴らしいことだ」とジョナサン・エドルズはコメント。

「とても素晴らしいトラックだ。ドライバーが気に入っていることは分かっていますし、エンジニアリングの面からもそうだ。FP1は、一部のシステムがダウンしていたため、通常よりも少し難しいセッションだった。もちろん、それはすべての人にとって同じだった、特にタイミング、GPS、TVフィードなど、これらにどれほど依存しているかを示している。我々エンジニアにとって間違いなくより大きな挑戦になった」

「今週末、我々はここにいくつか新しいコンポーネントを持ち込んでおり、レースに先立って有効にしておきたいので、裕毅のマシンでいくつか空力テストを実施した。残念ながら、裕毅のマシンのPUに問題が発生し、FP1での走行が限られてしまったので、彼はそれほど速くにスピードを上げることができなかった」

「FP2に向けて彼のマシンにいくつか変更を加えたが、今はすべてが正常に戻っているようだ。それはポジティブなことだ。

「ピエールはFP1でスタンダードな走行プランを実行した。主に我々はこの異常に低い温度でタイヤを操作する方法を理解しようとした。ショートランでタイヤを最大限に生かす方法とロングランでグレイングを制限する方法に集中した」

「全体として、今週末はこれまでのところポジティブだと思う。ショートランはパフォーマンスを発揮しているし、明日の予選に向けてペースを確保するために今夜そのデータを処理する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1イタリアGP