F1:角田裕毅&ガスリーが語るアルファタウリ・ホンダ『AT02』と『2021年』
レッドブルのプレミアムファッションブランドの新ショールームを使用したスクーデリア・アルファタウリのデジタルローンチイベントで、日仏ドライバーコンビが新マシンAT02や新シーズンなどについて語った。

2020シーズンに鮮烈なF1デビューを飾ったスクーデリア・アルファタウリは2021シーズンのグリッドに最も魅力的なドライバーラインアップを用意した − GP優勝経験を持つピエール・ピエール・ガスリー(フランス)と超高速ドライビングで知られるレッドブル・ジュニアプログラム出身ルーキー角田裕毅(日本)がステアリングを握る。

カート出身の角田裕毅は日本のFIA-F4での活躍を経て渡欧するとその非凡な才能をさらに開花させ、FIA-F3を経て2020シーズンにFIA-F2へ昇格。角田裕毅はF1直下のこのカテゴリーでも好調を維持して3勝をマークし、総合3位でシーズンを終えてF1昇格を決めた。

瞬く間にモータースポーツの頂点へ登り詰めた角田裕毅だが、ビッグチャレンジを前に非常に落ち着いた態度を見せている。

ホンダエンジンを積む最新マシンAT02をドライブすることについての意気込みを尋ねられた角田裕毅は「もちろん、興奮を覚えていますが、基本的にはこれまでと何も変わりません」と回答している。

また、トレーニングについて質問が及んだ時も同様だった。多くのトップドライバーは、シーズン前に行うロードバイクでのロングライドやジムでのストレングストレーニングのハードさについて熱っぽく語るが、F1 2021シーズンの最年少ドライバーになる角田裕毅は冷静さを保っている。

「トレーニング自体が好きではないので、好きなメニューはありません。退屈に感じることが多いですね。バイクライドかランを選ばなければならないのですが、僕にはバイクライドしか選択肢がありません。ランは特別苦手ではないのですが、足のアーチがかなり低いので、走り込むとマシンに乗った時に痛みを覚えてしまい、パフォーマンスに悪影響を及ぼしてしまうのです」

下位カテゴリーでの優れたパフォーマンスがスクーデリア・アルファタウリのチームプリンシパル、フランツ・トストの目に留まったことで、レッドブル・ジュニアプログラムのドライバーだった角田裕毅は2020シーズンのイタリアGPでF1キャリア初優勝を記録したピエール・ピエール・ガスリーとコンビを組むことになった。しかし、本人は最高峰への急速なステップアップに呑まれていない。

「僕には明確な目標があります。それは開幕戦から最高のパフォーマンスをすることです。ミスは恐れていません。ミスからできる限り多くのことをできる限り素早く学び取り、マシンに順応していきたいですね」

「ミスをしたらそこから学ぶ必要があります。あとはさらにプッシュして最高のパフォーマンスを目指すだけです。すべてのセッションで全力を尽くし、そこから学んでいくつもりです」

2020年9月、角田裕毅とコンビを組むピエール・ガスリーは歴史あるモンツァで開催されたイタリアGPで10番グリッドからスタートして優勝し、F1史上に残る瞬間を生み出した。本人とスクーデリア・アルファタウリ両方にとってのF1初優勝を記録したピエール・ガスリーは、同時に1996シーズンのモナコGPでのオリビエ・パニス以来となるフランス人F1優勝ドライバーとなった。

また、この優勝は、セバスチャン・ベッテルがスクーデリア・アルファタウリの前身チーム、スクーデリア・トロ・ロッソに初優勝をプレゼントした2008シーズンのモンツァをファンに思い起こさせた。

ピエール・ガスリーはまだ25歳だがすでにF1を3シーズン戦っており、この期間に経験したアップダウンによって真のファイター、真の勝者へと成長している。

2017シーズンのマレーシアGPでスクーデリア・トロ・ロッソからF1デビューを果たしたピエール・ガスリーは、2018シーズンに同チームからフル参戦を記録すると、2019シーズンにはアストンマーティン・レッドブル・レーシングへ昇格するが、第12戦終了後にスクーデリア・トロ・ロッソへ降格させられた。

しかし、ここで気落ちしなかったピエール・ガスリーはウェットコンディションだった第20戦ブラジルGPで2位表彰台を獲得して本来の調子を取り戻すと、スクーデリア・トロ・ロッソがスクーデリア・アルファタウリへ改称した2020シーズンから同チームのリーダーとして活躍を続けている。

F1マシンのドライブから得られるフィーリングについて語るピエール・ガスリーには歴戦のベテランドライバーの風格が備わっている。

「いつだって興奮を覚えるよ。F1マシンは野生のライオンのようなものなんだ。危険な猛獣がいる檻に放り込まれれば、アドレナリンが放出されて、興奮を覚える。F1マシンのこういう感覚は他では得られない。世界中のあらゆるスーパーカーをドライブしても加速、ブレーキング、コーナーリングのフィーリングはF1マシンとは比べものにならない。F1マシンは世界最速なんだ」

「ピットレーンから初めて出る瞬間は凄まじい興奮を覚える。あの感覚が恋しいね。そして2〜3周を終えると、自分が慣れ親しんでいるいつもの感覚へ戻っていくんだ。だから、いつも最初の数周は最高の気分になるね。F1マシンのドライビングほど僕を笑顔にしてくれるものは他に思いつかないよ」
.
スクーデリア・アルファタウリの新ドライバーコンビが生み出すダイナミズムは非常に興味深く、現代のF1が若年層のスポーツになっていることを強調している。
ピエール・ガスリーは25歳、角田裕毅は20歳だが、ともにすでに数多の経験を誇るモータースポーツのグランドマスターであり、長年に渡りレースを戦ってきた。しかし、当面の間は、2人はAT02の性能を最大限引き出すことに集中することになるだろう。

リーダーのピエール・ガスリーにとっては全23戦が予定されているハードスケジュールを通じて安定したパフォーマンスを見せることも重要だ。

ピエール・ガスリーは次のようにコメントしている。

「言うまでもなく、コンストラクターズ総合7位で終えた2020シーズンよりも良い結果を残すというのが大枠の目標になるわけだけど、スクーデリア・トロ・ロッソ時代を含めると総合6位が最高成績だから、これよりも上の結果を残せれば最高だろうね」
「ミスをできる限り少なく抑えることと、一貫性を持たせることが重要だ。これらに全力でフォーカスしたい。あとは、当然だけど、昨シーズンと同じようにあらゆるチャンスを逃さないようにしていきたいね」

一方、角田通期にとっては、モータースポーツ最高峰カテゴリーをできる限り速く学び、レース本番でのF1マシンの圧倒的なパワーに慣れていくことが重要になる。

ひとつ明確に分かっているのは、日本人トップドライバーの系譜の “最新” に位置する角田裕毅は、限界、そしてその先へプッシュすることをまったく恐れておらず、F1特有のフィジカルへの要求度の高さもすでに理解しているということだ。

角田裕毅は次のように語っている。「他のカテゴリーと比べるとF1のコーナーリングスピードは大きく異なります。F1はかなり速いので、強靭な首が必要になります。初めてF1マシンをドライブした時は5周で首が疲れてしまいました。ここがとても大きな違いだと思います。また、パワーとダウンフォースも完全な別物ですね」

角田裕毅が新世界に慣れていく中、スクーデリア・アルファタウリのもうひとつのガレージはこの日本人ドライバーが新たなパズルピースとして加わることを嬉しく思っており、ガスリーも自分より若いチームメイトの能力に自信を持っている。

「お互いについてさらに知り、学ぶ機会がこの先さらに増えていくだろうね。僕がユウキについての話を耳にし始めた頃 − おそらく彼がF2に参戦したあとだったと思うけれど − 最初の数レースを見てすぐに、とんでもなく速くてとても優秀なドライバーだと思った」とガスリーは語り、次のように続けている。

「僕はレースウィークエンドでF2とF3を必ずチェックしているから、ユウキのレースももちろんチェックした。ファンタスティックな1年を送ったと思うよ。才能に溢れているし、素晴らしい関係を築き上げて、スクーデリア・アルファタウリをチャンピオンシップの中で大きく前進させたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / 角田裕毅