アルファタウリF1代表 「ホンダのPU引き継ぎは最良のソリューション」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年以降もホンダのF1パワーユニットを継続していしようすることは、レッドブル・レーシング、そして、アルファタウリにとって“最良のソリューション”だと語る。

ホンダは2021年でF1から撤退するが、レッドブルとアルファタウリはルノーのカスタマーエンジンを搭載することを拒絶。現在、ホンダのF1エンジンを引き継いで自社で運用できるように開発凍結を提案し、全チームの全会一致で承認された。

「さくらのエンジニアは過去数年間素晴らしい仕事をしたので、ホンダが今年の終わりに撤退するのは残念だ」とフランツ・トストは語る。

レッドブルは、F1パワーユニット技術を引き継ぐことでホンダと合意し、自社で運用していくためにレッドブル・パワートレインズという新会社を設立した。

「来年の初めからエンジ凍結に全会一致で合意し、この合意に達することができたことをFIAとF1マネジメント、そしてすべてのチームに感謝したい」

「これは、2025年に次世代エンジンが導入されるまで、スクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングの両方の将来にとって最良のソリューションであると信じている」

レッドブルとアルファタウリは、2022年からホンダのF1エンジンに『レッドブル』のバッチをつけて2024年まで使用する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル / ホンダF1