アルファタウリ・ホンダF1、角田裕毅の去就をF1バーレーンGP後に発表へ
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーは2021年もアルファタウリ・ホンダに残留する予定であり、角田裕毅が候補に挙げられているチームメイトに関してはバーレーン後に発表するとした。

F1ポルトガルGPで5位入賞と再び好パフォーマンスを示したピエール・ガスリーは、2021年にレッドブル・レーシングに昇格することで報われるかとの質問に「どうなるか見てみよう」と控えめに答えた。

しかし、ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーは間違いなくアルファタウリ・ホンダに留まると語る。

「ガスリーはアルファタウリのためにドライブし、チームメイトは遅くともバーレーンGPの後に発表されるだろう」とヘルムート・マルコは RTLに語った。

バーレーンは11月29日(F1バーレーンGP)と12月6日(F1サキールGP)に2つのグランプリを主催する。同時にFIA-F2の最終ラウンドが開催される。

2021年のアルファタウリ・ホンダのドライバー候補に挙げられているのはホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅だ。現在FIA-F2に参戦する角田裕毅はランキング3位につけており、バーレーン大会の後にランキング6位以内にいればF1スーパーライセンスを取得できる。

ヘルムート・マルコは、このパフォーマンスを続けることができれば、2021年に角田裕毅はアルファタウリでF1デビューすることになるだろうと語る。

「現時点でF1シートの候補者となっているドライバーは角田裕毅だけだ」とヘルムート・マルコは Sky Germany に語った。

「彼はアルファタウリで計画されている。とにかく彼はスーパーライセンスのために必要なポイントを獲得する必要がある」

アルファタウリ・ホンダF1は、今年後半のグランプリで角田裕毅をフリー走行1回目で走らせることを検討しており、そのために必要なスーパーライセンスを資格を満たすためにF1エミリア・ロマーニャGP後の11月4日にイモラ・サーキットで2年落ちのSTR13で300kmのテスト走行を実施する。

一方、レッドブル・レーシングの2021年のラインナップに関しては、アレクサンダー・アルボンはマックス・フェルスタッペンのチームメイトであり続けるためのお気に入りではなくなった。

「アレックスにはもっと一貫性が必要だ」とヘルムート・マルコは主張。

「彼はマックスにそれほど遅れていないこともあるが、ギャップが大きすぎることもある。彼が進歩している間は我々のドライバーだ。我々は急いで決断する必要はない」

しかし、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンが周回遅れの12位でF1ポルトガルGPを終えた後、今週末に「イモラで強く反撃する」必要があると示唆た。

「残念ながら、今年はそれほど多くのレースが残っていないので、次のシーズンについてじっくりと考え始める必要がある。決定は今後数週間で行われる必要がある」とクリスチャン・ホーナーもは付け加えました。

レッドブルは、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスをアレクサンダー・アルボンに代わる魅力的な候補として挙げているが、クリスチャン・ホーナーは、どちらも急いで契約する必要はないと語った。

「候補者は確かに他の選択肢よりもレッドブルのシートを好むだろう」とクリスチャン・ホーナーは認める。

「彼らは我々の決定を待っていると思う」

クリスチャン・ホーナーも、ピエール・ガスリーがアルファタウリ・ホンダに残留することになるというヘルムート・マルコのコメントを支持した。

「アレックスがアルファタウリにいたら、彼はおそらくピエールと同じくらい良い仕事をするだろう」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「アルファタウリではプレッシャーと期待が低く、我々のマシンはアルファタウリよりも運転が難しい。マックスはそれを処理できるが、他の人にとっては大きな問題だ」

「チームの誰もがアレックスが自信をつけるのを助けようとしている。彼にはたくさんの才能があり、我々はまだ彼を信じているからだ。しかし、今日、彼は厳しい一日を過ごした」とレース後に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル / ホンダF1 / 角田裕毅