アルファタウリF1代表 「クビアトはしばしばリカルドよりも速かった」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表フランツ・トストは、二人ともレッドブルから降格したにもかかわらず、ダニール・クビアトとピエール・ガスリーを起用することに満足していると語る。

フランツ・トストは、現在、アルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務める2人は、他に選択肢がなかったときにレッドブルに昇格したという点で明確な類似点があると感じている。

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表フランツ・トストは、二人ともレッドブルから降格したにもかかわらず、ダニール・クビアトとピエール・ガスリーを起用することに満足していると語る。

フランツ・トストは、現在、アルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務める2人は、他に選択肢がなかったときにレッドブルに昇格したという点で明確な類似点があると感じている。

結果として、ダニール・クビアトとピエール・ガスリーのレッドブルへの昇格は早すぎたとしてフランツ・トストは考えているが、それでも二人とも才能のなるドライバーだと語る。

特にダニール・クビアトのパフォーマンスの指標として、クビアトはレッドブルでダニエル・リカルドよりもしばしば速さを見せていたと語る。

「は実際には彼らのどちらにも選択の余地はなかった」とフランツ・トストは Formel Austria に語った。

「ダニールの場合、セバスチャン・ベッテルがフェラーリに移籍するために離脱したことで、彼はレッドブルに移籍しなければならなかった。

「だが、彼はF1で1シーズンしか過ごしておらず、GP3から直接チャンピオンシップに参加したこともあり、すでに大きなチャレンジだった」

「クビアトは好パフォーマンスを発揮していた。純粋にありのままのスピードを見れば、リカルドよりもクビアトの方が速いとがしばしばあった」

「彼は非常に速かったが、とにかくレッドブル・レーシングでの状況はうまくいかなかった」

「私の意見では、レッドブルへの移行は彼らにとってかなり早い時期に起こってしまった。それはピエールについても同様だった」

「彼にとってシーズンのスタートは容易ではなかった、彼は事故に起こし、その結果として本来のスピードを示すことができなかった」

「しかし、我々は両方のドライバーに非常に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ダニール・クビアト / ピエール・ガスリー