アルファタウリ・ホンダF1、厳格な安全対策でファクトリーの稼働を再開
アルファタウリ・ホンダF1は、イタリアとイギリスのファクトリーの稼働を再開。新型コロナウイルスの感染を抑えるために全従業員の安全を最優先に掲げ、様々な対策を施しながら徐々にチームが完全に機能することを目指していく。

新型コロナウイルスの緊急事態を受け、F1がサマーシャットダウンを3月に前倒しすることを決定してから2か月以上が経過した。強制シャットダウンは3月26日にスタートし、2回の延長を経て、その期間は63日間続いた。

アルファタウリ・ホンダF1が拠点を置くファエンツァでは、イタリア政府の命令によりファクトリーは3月23日に閉鎖されたため、実際はそれよりも長い期間となった。

先週の土曜日からファエンツァの製造部門は徐々に稼働を再開し、6月1日(月)から技術部門、管理部門、レースチーム、イギリスのバイチェスターにある風洞も作業を開始。安全に再稼働することを主な目的とし、復職中と復職後のテストと手順を実行している。

先週以降、仕事に復帰するアルファタウリ・ホンダのすべての職員は、医療監督下でファクトリーで血液検査を受けている。これにより、個人的に検査を行う必要がなくなり、検査には国内および地域で通常必要とされるものよりも厳格な予防措置が含まれる。

アルファタウリ・ホンダF1 新型コロナウイルス検査
・検査は、本館から離れた3つの入口と出口がある建物で実施
・専門家および認定試験所の資格のあるスタッフが検査を実施
・血液検査で陰性であれば、その人は仕事に戻ることができる
・陽性の結果は、その人が仕事に戻ることができないことを意味し、会社の医師が関与し、さらに綿棒チェックが実行される
・綿棒検査で陰性の人は仕事に戻ることができる
・綿棒検査で陽性の場合は、健康規制に従って14日間の検疫が行われる

事務職員の復職も段階的に行われる。この第1フェーズでは、ローテーションシステムが導入され、オフィスの一部のスタッフと別の週に自宅で働くスタッフがいる。さらに、ソーシャルディスタンスを確保するために差別化された仕事のシフトを導入し、同時に建物内に同時に存在できる人数に制限を設けた。

また、イタリア政府の規制に基づいて、アルファタウリ・ホンダF1は通常よりもはるかに厳しい健康と衛生のプロトコルを確立している。

アルファタウリ・ホンダF1 企業ポリシー
・常に衛生的な環境:作業前、作業中、作業後
・自宅ですでに確認されている症状と体温の管理。出入り口のマシンに接続された非常に高度なサーモスキャナーにより、工場の入口でさらに制御
・時刻表と工場へのアクセスルートが非常に正確なものに変更
・最大のサーシャルディスタンスを確保するためのオフィスと生産地域の再編成
・入口やオフィスで利用できる手指消毒ジェル
・担当者に提供されたマスクの必須使用

アルファタウリ・ホンダF1は「目標は、2020年シーズンの最初のレースとして現在予定されている7月5日にレッドブル・リンクでものにできるだけ準備を整えることです」とコメント。

「世界選手権は、我々のホームレースの1つであるオーストリアでスタートします。私たちは本当にそうなることを望んでおり、その時を今か今かと待ちわびています!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1