アルファタウリ・ホンダF1、日本企業のRDSとスポンサー契約を延長
アルファタウリ・ホンダF1は、昨年のトロロッソ時代からスポンサーを務めていた日本のデザイン&テクノロジー企業であるRDSとスポンサー契約を延長したことを発表した。

RDSは、これまでモータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わってきた。また、常識にとらわれないデザイン力を始め、設計、解析からCFRP成形、3Dプリント、精密機械加工までを一貫して行う強みを活かし、自社ブランドの商品開発にも力を入れている。

RDSは「F1は、モータースポーツの最高峰であるとともに、自動車業界における最先端研究開発の場でもあり、そこで生み出された技術は、様々な形で現代に落とし込まれ、私たちの知らぬ間に乗用車や街づくりのインフラなど身近なものに活かされています。この、新しい未来を切り開いていく技術は、RDSのコンセプトに掲げる『今日の理想を、未来の普通に。』と深く通ずる部分があり、未来をつくる研究・技術開発ファクトリーとして、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダF1チームとスポンサー契約を結ぶ運びとなりました」と語った。

今回の契約により、RDSのロゴがアルファタウリ・ホンダAT01のフロントウイングに掲載される。

杉原行里 (RDS 代表取締役社長)
「パートナーシップを延長し、スクーデリア・アルファタウリとのエキサイティングな新時代の一部になれることはこれ以上のない幸せなことです。RDSはデザインとテクノロジーに対する革新的なアプローチに誇りを持っています。これらはすべて、F1だけでなく、私たちが運営する超競争の世界で成功するための基本です。今シーズンの開催に本当に興奮しており、チームとの成功した年を楽しみにしています」

フランツ・トスト (アルファタウリ・ホンダF1 チーム代表)
「ハイブリッド時代の我々の過去最高のフィニッシュの後は、RDSが当社とのパートナーシップを拡大したことを嬉しく思います。我々の各組織は、優れた設計とパフォーマンスに基づく共通の哲学を共有しています。私がアンリさんと彼女のチームと築いた緊密な協力関係は、両当事者にとって引き続き有益であり、それはパートナーシップの成功の礎です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1