フェルナンド・アロンソ
フェラーリは、フェルナンド・アロンソがモナコGPの土曜フリー走行でクラッシュしたシャシーが修復不可能であることを明らかにした。

フェルナンド・アロンソは、モナコGPの最終フリー走行でマスネー・コーナーでコントロールを失い、バリアにクラッシュ。損傷はモノコックにまで及び、予選に出走することができず、決勝ではスペアのシャシーでレースを行った。

フェラーリは、ファクトリーで修理できることを望んでいたが、詳細な分析により、ナンバー283のシャシーは修復できないと判断した。

フェラーリは、次戦トルコGPでアロンソとマッサがどのシャシーを使うか来週中に決定するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ