フェルナンド・アロンソ Fダクト
フェルナンド・アロンソは、Fダクトを操作する際に手放しでドライブしていたとの報道を否定した。

フェラーリが搭載するFダクトは、膝で操作するマクラーレンとは異なり、コックピット脇の穴を左手の甲で塞ぐカタチで操作することがスペインGPのオンボードビデオで明らかになかった。

しかし、ほぼ同じタイミングで右手を使ってブレーキバランスをアジャストさせているのも確認された。

しかし、予選後にアロンソは「僕の手は常にステアリング上にあった」と主張。

実際にオンボードビデオでは、アロンソが黒いバッドが縫い付けられたグローブの左手の甲で気流を塞いでいる間も常に親指はステアリングホイールにかけられているのが確認できた。

「問題はないよ」とアロンソは Motorsport-Magazin.com に述べた。


関連:Fダクトとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | フェラーリ