フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性の低さは受け入れられない」
フェルナンド・アロンソは、今シーズンのアルパインF1チームの車の信頼性の低さを「受け入れられない」と非難した。

アルピーヌF1チームからの2023年の1年間の契約延長のオファーを断り、アストンマーティンとのより長い契約を選んだフェルナンド・アロンソは、技術的な問題により今シーズンこれまでのところ60ポイントを失っていると見積もっている。

F1シンガポールGPではチームメイトのエステバン・オコンも同じF1パワーユニットの故障でリタイアしており、フェルナンド・アロンソは、2022年に59ポイントしか獲得できていない。

「繰り返しになるけど、今年はメカニカルの問題ですでにマイナス50ポイントだったと思う」と41歳のフェルナンド・アロンソはDAZNスペインに語った。

「つまり、さらに10ポイントが追加されるので、マイナス60ポイントだ。そして、僕の順位に60ポイントを追加すると、僕たちは別のリーグにいたと思う」

「僕の最高の年の1つで、信頼性によって 60ポイント以上失ったと思うと胸が痛む」

「チャンピオンシップで60ポイントを失うことは、完全に受け入れがたいことであり、週末を通してまた良いパフォーマンスを見せたので、本当に気分を害している」

リタイアの経緯について質問されたフェルナンド・アロンソは「何の前触れもなかった。 何かが起こった。ノイズはかなり醜いかった。 だから、エンジンの何かだと思う」と語った。

チームメイトであるエステバン・オコンもエンジン関連の問題を抱えていたと聞かされたフェルナンド・アロンソは「でも、彼はポイント圏外にいた。ポイント圏内にいた僕ほど悪くはない」と語った。

2005年と2006 年のワールド チャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、ドライバーズ ランキングでエステバン・オコンに 7 ポイント差をつけている。

「僕に60ポイントを加えて、これらは彼らが獲得できなかったポイントであるため他の人からそれらを差し引いた場合、僕のシーズンはメルセデスに匹敵するように見える」

「でも、今シーズンのポジティブで最も重要なことは、僕がトップレベルに戻ったことだ。だから、今後は素晴らしいことが起こるだろう」

ランド・ノリスとダニエル・リカルドが4-5 でフィニッシュしたことで、マクラーレンがコンストラクターズチャンピオンシップでアルピーヌを追い抜いて4位に浮上している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ