フェルナンド・アロンソ、ベッテルが抜けるアストンマーティンF1移籍を除外せず
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームでの将来についての憶測が続く中、アストンマーティンF1チームのシートは「オプション」であると語った。

セバスチャン・ベッテルが2022年シーズン末でF1から引退することを発表したことで、2023年のF1の“シリーシーズン”がスタート。現状、2023年のドライバーラインナップを発表しているのは、マクラーレン、レッドブル、フェラーリ、メルセデスだけであり、現状8つの空席がある。

将来が最も話題になっているドライバーのひとりがフェルナンド・アロンソだ。彼のアルピーヌF1チームとの現行契約は2022年シーズン末に期限切れになる。

当初、フェルナンド・アロンソの将来に関する決定は、F1イギリスGPに予定されていたが、延期され続け、今では夏休みに交渉がスタートする可能性が高くなっている。

アルピーヌF1チームには、評価の高い若手有望株であるオスカー・ピアストリが順番を待っており、7月29日に41歳になるフェルナンド・アロンソは、今シーズンの力強いパフォーマンスに関わらず、彼のシートが脅威にさらされる可能性がある。

フェルナンド・アロンソは、両方のドライバーと契約していないすべてのチームは「オプション」であるが、彼の優先順位はアルピーヌF1チームであると語った。

「夏休みの初めが僕が座って何かを結論付ける必要があるポイントになるだろう」とフェルナンド・アロンソはハンガリーの記者団に語った。

「夏休みは月曜日に始まる。2人のドライバーが署名していない限り、すべてのチームがオプションだ。僕の優先事項はアルピーヌと一緒にいることだ」

「僕たちはこのプロジェクトを2年間一緒に開発し、取り組んできた。僕たちはどんどん競争力を高めている」

「おそらく僕の願いはとどまることだ。でも、僕たちは完全に座って物事を前進させることはしなかった。だかr、まだすべてが進行中だ」

アストンマーティンF1チームには将来の大きな計画があり、レーシング・ポイントからのブランド変更以来、スポーツでの彼らの運命は停滞しているが、フェルナンド・アロンソは、今年のアストンマーティンF1チームは「非常に速い」と感じていると述べてり、アロンソにとって魅力的な動きかもしれない。

「僕はここF1でフレッシュだと思うし、とてもモチベーションがある」とフェルナンド・アロンソは語った。

「これらのレギュレーションの2年目がもたらす来年をとても楽しみにしている」

「僕たちはラスベガスでレースをする。南アフリカでレースをするかもしれない。これらすべてのことは非常に魅力的だ」

「今年はとても速く感じている。去年は少し苦労した。でも、今年は100パーセントだと感じている」

「今はスポーツカーやインディカーについて考えても、「今ではない」ようない感じている。僕の頭は完全に“これを取り除いている”し、F1に集中し続けている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン / アルピーヌ