フェルナンド・アロンソ、PU交換ペナルティで最後尾スタート / F1スペインGP
アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソは、決勝に向けて新品のF1パワーユニットに交換したことで、バック・オブ・ザ・グリッドからスペイングランプリをスタートする。

フェルナンド・アロンソは、バルセロナでの土曜日の予選Q1でトラフィックと最終ラップのタイミングに苦労し、Q1で敗退して17番手で終えていた。

日曜日のレースに先立ち、FIAのテクニカルデリゲートであるジョー・バウアーは、アルピーヌF1チームがフェルナンド・アロンソの車に完全に新しいパワーユニット要素のセットを装着することを選択し、シーズン制限を超えたことを確認した。

その結果、ペナルティが発生し、日曜日のスペインでのホームレースでフェルナンド・アロンソは最後尾グリッドからレースをスタートする。

フェルナンド・アロンソのF1パワーユニットは、4目目のエンジン、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを搭載し、シーズン制限の3基を超えた。3基目のエネルギーストアおよびコントロールエレクトロニクスも、年間で許可されている2基の制限を超えている。

フェルナンド・アロンソのペナルティにより、ランス・ストロール、アレックス・アルボン、ニコラス・ラティフィはそれぞれ1つポジションが繰り上がる。

F1エンジン交換の前でさえ、フェルナンド・アロンソは「メガファンタスティックなセーフティカー」だけが苛立たしい予選セッションで17番手からスタートするレースで進歩を可能にするだろうと語っていた。

「できることはあまりないと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「ここはバルセロナで、オーバーテイクはあまりなく、車の後ろを走るとタイヤがかなり劣化する。どうなるか見てみよう」

「過去数レースでは後方からスタートしたドライバーがとても運に恵まれて、ポイントを獲得している。明日は僕がその一人になる」

「もし、そういったメガファンタスティックなセーフティカーが適切なタイミングで入れば、僕は運に恵まれて、ポイントを獲得できるかもしれない、でも、僕はそれを疑っている。難しいレースになると思う」

フェルナンド・アロンソは、競争力を見せながらもオープニング5レースで不運に見舞われることが多く、わずか2ポイントしか獲得できていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1スペインGP / アルピーヌ