F1:フェルナンド・アロンソ 「予選Q2のタイヤルールはビッグチームに利益をもたらすだけ」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、予選Q2のタイヤルールは「ビッグチームに利益をもたらすだけ」であり、ショーを改善することはないと批判する。

現在、予選Q3に到達したドライバーは、Q2でファステストラップを設定するために使用したタイヤでレースをスタートする必要がある。これはQ3に到達できなかったドライバーに利益をもたらすことを目的に導入されたルールだ。

しかし、フェルナンド・アロンソは、トップチームは最も柔らかいタイヤを使用せずにQ3に進出することができるため、ソフトタイヤを使用してレースをスタートすることを余儀なくされるトップ10の下半分に位置するチームよりも戦略的なアドバンテージが提供されると主張する。

レッドブル・リンクでの第2ラウンドとなるF1オーストリアGPでは、第1ラウンドとなったF1シュタイアーマルクGPよりもワンステップ柔らかいコンパウンドが選択されており、フェルナンド・アロンソはその不公平なアドバンテージが役割を果たす可能性があると感じている。

「ワンストップを行うのは難しいだろう」とフェルナンド・アロンソは懸念を表明する。

「C5からスタートすることなればより難しいかもしれない。速いマシンにはそのタイヤを避ける余裕があるけど、ミッドフィールドにはそのような余裕はない」

「それがルールの悪いところだ。彼らはショーに利益をもたらす可能性のあるルールを発明しようとしているけど、それらはビッグチームに利益をもたらすだけだ」

先週の日曜日にチェッカーフラッグを8位で通過し、今季5回目の入賞を果たしたフェルナンド・アロンソは、同じ会場に適応することを楽しみにしてはいるが、タイヤが柔らかく、悪天候になる可能性があるなど、様々な課題に備えなければならない可能性がある。

「今シーズン最初のトリプルヘッダーの3番目のレースなので、今週末に先立ってバッテリーを充電することに時間をかけるようにしている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「F1で同じ会場での連戦を経験するのは初めてだけど、ここでまた別レースのためにトラックに戻って勢いを維持することを楽しみにしている」

「天気はとても予測不可能で、1分間は気温の高い澄んだ青い空でも、次の瞬間は雨と雷雨の可能性がある」

「僕たちはドライバーとしてこれらの挑戦を楽しんでいる。週末を調整して完璧にしようとすることを考えれば、ここで2回続けてレースをするのは非常に興味深いことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ