F1復帰戦を終えたフェルナンド・アロンソ 「まだ100%ではない」
フェルナンド・アロンソは、F1復帰戦となったFバーレーンGPは100%ではなかったとし、根絶しなければならないミスがあったと語る。

先週末のF1バーレーンGPは、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソにとって、2018年にマクラーレンを査定リア2年ぶりのF1グランプリでのスタートとなった。

ルノーからチーム名を変更したアルピーヌF1で、フェルナンド・アロンソはQ3に進出する印象的なパフォーマンスを見せ、サンドイッチの包み紙がリアブレーキダクトに挟まってリタイアを余儀なくされるまでポイント争いを繰り広げた。

鋭さを示したフェルナンド・アロンソだが、ベストの状態からは程遠いと語る。

「それには同意できないかもしれない。100%ではかった。そうだと確信している」とフェルナンド・アロンソは語った。

「素晴らしかった。いくつかの良いバトルもできたし、それらのいくつかはハッピーエンドだった。いくつかは抜かれてしまったのでそうではなかったけどね。でも、自分自身からより多くのペースを見つける必要がある。マシンからもっと多くの自信を見つける必要がある。ブレーキからより多くを引き出し、スタートをよりうまく実行する必要がある」

「それほど悪かったわけではないけど、僕の側からは改善の余地がたくさんあると思う。ピットストップでも、みんな素晴らしい仕事をしてくれたと思うけど、2回目のピットストップのポジションは正しくなかった。テストとこの開幕戦でやってしまっている小さなミスだ。第2戦、第3戦までに個人的にパフォーマンスを向上させられることを願っている」

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1には将来大きな結果をもたらす可能性があるというさらなる自信を与えたと語る。

「OKだと思います。毎週末に戦いを楽しめるだろう」とフェルナンド・アロンソは語る。

「最初からいつも言っていたように、とても興味深いプロジェクトだと思う。アルピーヌは大きなことを成し遂げるためにF1にいえう。2021年が2020年の続きだし、勢いを積み重ねて、2022年にもっと重要なことを成し遂げられることを期待している」

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1としてフルレースを行ったが、ミッドフィールドチームのなかでの勢力図としてはまだ不明な点がたくさんあると語る。

「言うのは難しい。僕たちを含むすべての人に、さまざまな結果と少し複雑な感情が見られた。少し良さそうなときもあれば、少し下がることもあったけど、これまでのところ誰にとっても同じだ。トップチームとトップの人たちでさえ、金曜日や土曜日にそういった印象を持っていた。今、僕たちは違った印象を持っている」

「全員が上下に動くことがあるので、より確立された秩序を知るには何レースか必要になるだろう。その間、僕たちの仕事は、(もしあれば)弱点を特定し、それらに取り組み、強みを維持することだ。全員にとって面白いシーズンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ