【動画】 フェルナンド・アロンソ、2005年の相棒『ルノー R25』でデモ走行 / F1アブダビGP
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、F1アブダビGPが開催されているヤス・マリーナ・サーキットで2005年に王座を獲得したマシン『ルノー R25』でデモ走行を行った。

2021年からアルピーヌF1へのチーム名を変更するため、今週末のF1アブダビGPはルノーF1チームとしての最後のレースとなる。

ルノーF1チームは“過去・現在・未来を繋ぐ”をコンセプトにヤス・マリーナ・サーキットでデモ走行を実施。来季からチームに復帰し、ルノー R25でタイトルをもたらした張本人であるフェルナンド・アロンソはかつての相棒を走らせた。

FP1とFP2の間に走行を行ったフェルナンド・アロンソは「まだこのマシンは飛んでもなく速い。今はスリックタイヤだからさらにね」とコメント。2005年当時、F1はグルーブドタイヤ(溝付きタイヤ)を使用していた。

「なんてフィーリングだ。物凄い週末になるだろう。明日はもっと多くのラップを走る。この時代のルノーF1チームに感謝し、将来のアルピーヌを歓迎するには最高の方法だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / F1動画