F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン カナダグランプリ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンの直線スピード不足がF1カナダGPでの困難な週末に繋がることを懸念していると認める。

フェルナンド・アロンソは、前戦F1モナコGPでギアボックス故障によってリタイア。開幕から5戦連続で続けてきた連続ポイントが途絶えた。チームメイトのストフェル・バンドーンもポイント獲得を逃し、マクラーレンはノーポイントでモナコを後にした。

フェルナンド・アロンソはモナコで2戦連続となるQ3進出を果たしたが、マクラーレンの明らかな弱点である直線スピード不足は、ロングストレートのあるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでは“ペナルティ”となると考えている。

「僕たちはバルセロナでQ3に進出したし、モナコでもQ3に進んだ。今後のレースでもその傾向を維持して、僕たちの進歩を確認できれば嬉しいだろうね」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「でも、カナダはチャレンジングになると思っている。ロングストレートのあるタフなサーキットだ。僕たちのスピード不足はペナルティになるかもしれない。僕たちにとって良いテストになるだろう」

マクラーレンは、F1カナダGPでエンジンサプライヤーのルノーが導入するエンジンアップグレードによって後押しされる予定ではあるが、コンストラクターズ選手権では同じエンジンを搭載する4位のワークスルノーの6ポイント差をつけられており、レッドブル・レーシングからはさらに大きな差をつけられている。

マクラーレンは、プレシーズンテストでレッドブル・レーシングに脅威を与えられることを期待していた。

だが、ストフェル・バンドーンは、ライバルとのギャップを縮めるためにマクラーレンは正しい方向に進んでいると主張する。

「クルマを改善させなければならない場所という点で僕たちのチームには明確な方向性がある」とストフェル・バンドーンはコメント。

「過去数週間で僕たちは小さな前進を果たしてきたと思う。今後数週間でさらに大きなゲインを生み出すために、今、ファクトリーでは懸命な作業がなされていると思う」

関連:2018年 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | マクラーレン | F1カナダGP