フェルナンド・アロンソ:インタビュー
フェルナンド、あなたは、あなたの心に大切な環境と競争力のあるマシンを交換しました。メルボルンのレースに行く日まで、どんなことが心によぎっていますか?
昨年は難しいシーズンだったけど、マシンは競争力があり、チャンピオンシップを闘うことができた。それはどんなドライバーでも望むことだけど、後悔はしてないよ。ルノーに戻って、とても居心地がいいんだ。とてもいい気分だし、幸せな思い出と将来に対するポジティブな印象がある。もちろん、2006年に離れてからチームは変化しているが、まだチームのほとんどを知っているし、彼らのレースに対する取り組みは変わっていない。我々は成功するために必要なすべてを持っているし、チームはどうすれば勝てるを知っている。我々は過去に成し遂げているからね。多くの部分が改善されているから、今チームはより強くなってさえいる。メルボルンまでわずか2週間しかないけど、忙しく冬のテストを行い、マシンは改善されている。チームの誰もが懸命に働いている。オーストラリアに着いたとき、どうなっているか楽しみだね。サーキットにはとても良い思い出があるんだ。我々全員が勝利を望んでいるし、皆がやれることの全てを差し出す。

あなたは2006年にチャンピオンシップで勝ったマシンであるR26から離れて、1月にR28へ戻ってました。チームが行った2007年の開発に対する第一印象はどうでしたか?
12月のチームでの初テストではR27をドライブし、マシンはOKだと感じた。バランスもよく、運転しやすかった。もちろんドライバーエイドのないマシンでの走行だった。それから1週間後にR28での作業をスタートした。チームが新車で前進したことは明らかだった。チームは2007年の初めに風洞で問題を抱えていたことは良く知られている。しかし、それらの問題は今は解決された。R28の大きな改善は空力面にあるといえる。それはパフォーマンス改善のためのとても重要な部分だ。

あなたはレースに勝つことに慣れていて、昨年いくつかのトロフィーを獲得しました。あなたはシャンパンシャワーのない日曜の午後への用意はできていますか?
私はレーサーであり、私のゴールはレースに勝つことだ。私のキャリアは、速いクルマを持ち、表彰台ために闘い、勝利し、チャンピオンシップを獲得し、幸運だった。過去のルノーのとき、そして昨年もね。しかしながら、現実的にならなければならない。いつでも勝てるわけではなく、ときどきは、ベストを尽くし、マシンの最大限を引き出したことを知って満足しなければならない。しかし現在、我々はそのようなことを考えていない。チームは懸命に作業し、マシンの開発を進め、たくさんの表彰台やさらにはレースに勝つために闘うことを望んでいる。

もし、シーズンのスタートでフェラーリ、マクラーレン、BMWザウバーがトップ3チームだとしたら、ルノーはどこにいると思いますか?
それは誰もが聞いてくる質問だけど、テストだけで判断するのは難しい。わかっていることは、我々はテストプログラムを続け、パフォーマンスを改善させることに集中したということだ。表彰台のために闘うことができ、トップチームの一角になることを望んでいる。しかし、まだ縮めなければならない大きなギャップがある。他のチームでは、ウィリアムズとレッドブルが強いと思う。競争の年になると思うよ。ファンにとっては良いだろうね。

R28が追いつくことができるまでにどのくらいかかると予想しますか?あなたはおそらく7番手ポジションで戦うことに満足できないでしょう・・・。
すべてのチームが1日24時間働いているので、このギャップを埋めるのは難しいね。より長く働くことはできないから、限られた時間を上手に使わなければならなし、正しい方向で行わなければならない。簡単なプロセスではないけど、我々がすぐにこのギャプを埋められることを望んでいる。

マシンの弱点はなんだと思いますか?ミシュランからブリヂストンへのタイヤの変更は今ごろは解決されていなければならないですが・・・。
新車はすべての部分が改善されているから、弱点はないと思っている。チームは確実にブリヂストンタイヤに慣れいているから問題ないよ。主に空力面が変わったね。それは昨年の弱点だったけど、この問題はすでに解決されている。チームはまたマシンのフロント部分を改善するために懸命に作業していて、新しいデザイン哲学をフロントウイングとサスペンションに用いている。そして我々はまだそれについて学んでいる。しかし、これは新車には普通のことだ。

あなたがQ3に達することさえ現在は難しいと語ったと伝えられました。あたなは本当にそのように予想しますか?2007年には2台のルノーがQ2で終わったことが4回ありました。開幕戦のマレーシア、それから最後の3つのレースで・・・。
Q3に進出することは我々の目標だ。しかし、すべてのチームのパフォーマンスは接近しており、とても競争的になるだろう。昨年のようにね。

あなたは新しいチームメートを持ちました。再びルーキです!どのくらい彼を知っていますか?そして、どのようにやっていきますか?
まだネルソン(・ピケJr.)のことをあまりわからないけど、これまで私たちの関係は良いし、一緒にうまく働いている。彼はF1でレースをすることを喜んでいる普通の男だよ。もちろん彼はまだルーキーで、F1に慣れなければならない。そして、彼は短い時間でたくさん学ぶことがあるのをわかっている。しかし、彼は速いし、彼は昨年からすでにテストをしているからチームもそれをわかっている。私たちは同じ目標を持っているし、チームを前進させるために、マシンの開発のために可能な限り懸命に働いているよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー