フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの決勝をマシントラブルでリタイアで終えた。

予選13番手で終えたフェルナンド・アロンソは、パワーユニット降格による30グリッド降格ペナルティで最後尾からスタート。

序盤は順調にレースを進めて一時は13位まで順位を上げた。

しかし、14番手を走行していた34周目。アロンソ「ノーパワー、ノーパワー」と無線で伝えてピットイン。レースをリタイアした。

F1イギリスGP 33周目終了時点F1イギリスGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン | F1イギリスGP