フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
フェルナンド・アロンソは、グリッド後方からでも戦えると考えており、不安的な天候による“カオス”なF1イギリスGPになることを期待している。

フェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの予選を13番手で終了。30グリッド降格ペナルティにより決勝を最後尾グリッドからスタートする。

レースは雨が予報されており、フェルナンド・アロンソはそれが順位を上げるためのチャンスを与えてくれることを願っている。

フェルナンド・アロンソは、路面が乾き始めた予選Q1にスリックタイヤに履き替えてトップで通過。レースでも不安的なコンディションになれば、その走行が役に立つと考えている。

「インターミディエイトで切り抜けることもできたけど、僕たちは明日似たようなコンディションになったときのためにスリックを使うことに決めた」

「ほぼ逃しかけたけど、うまくいったし、明日それは有益なリファレンスになる」

「不安的なコンディションであれば、僕たちは競争的だし、ちょっとしたカオスが僕たちを助けてくれるだろう」

フェルナンド・アロンソは、予選Q1の結果は無関係ではあるが、マクラーレンが2013年以来となる予選セグメントでトップに立つのをファンに見せることができたのは良かったと語る。

「嬉しい瞬間だった。ファンにとってもね。僕たちと同じくらい、チームがトップにいることをみたいマクラーレンファンがいるからね」

「Q1だけではあるけど、スタンドの全員がとても興奮していたし、それを見れて嬉しかった」

フェルナンド・アロンソは、13番手でQ3進出を逃したが、レースを考えるとその方が良かったと語る。

「ある意味で僕たちはQ3に進みたくなかった。明日は最後尾からスタートするけど、トップ10に入れば、Q2で使ったタイヤでスタートすることになるからね」

「少なくとも、僕たちは新品タイヤ、望んだコンパウンドでスタートできるし、13位はパーフェクトだ」

フェルナンド・アロンソは、今年初めてチームメイトのストフェル・バンドーンに予選で上回られた。バンドーンは決勝を8番グリッドからスタートする予定となっている。

関連:F1イギリスGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン | F1イギリスGP