フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ MCL32
フェルナンド・アロンソが、マクラーレン・ホンダ MCL32の新車発表会で2017年F1シーズンへの期待を語った。

マネジメント体制、燃料パートナー、マシン名称、マシンカラー・・・マクラーレン・ホンダの新たな時代の先駆者となるニューマシン『MCL32』が24日(金)に発表された。

今年でマクラーレン・ホンダとの契約が最終年を迎えるフェルナンド・アロンソは、チームの大きな飛躍を願っている。

「今日初めてクルマを見たけど、ワクワクしているよ。マクラーレンのカラーであるオレンジが入っているのはいい感じだよね」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「速いマシンはセクシーに見えるものだ。実際に走る機会を待とう」

「僕たちにとって重要なシーズンになる。2015年と2016年は厳しいシーズンだったので、マクラーレンが本来のポジションに戻れることを心から願っている」

「F1は複雑なスポーツだ。だから、ファンに具体的ななにかを約束するよりも、懸命に仕事をして、テストで多くの距離を走り込んで、今後2〜3ヵ月ではっきりした方向性を掴む必要がある」

僕たちがここにいるのは勝てると信じているからね」

フェルナンド・アロンソは、2017年F1マシンで過去のような走る喜びを得られなければ、F1を引退する可能性を示唆している。

「新レギュレーションによって、今年のF1マシンは、速く、アグレッシブになる。このマシンを見て、早くコクピットに乗り込みたくなった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「シーズン序盤は難しい戦いになるだろう。トップグループに属するチームからはまだ大きく遅れている。でも、シーズン後半には大きくパフォーマンスを改善していけることを期待している。それを目指せると思いたい。目標は上位チームとしてみなされることだ。それは実現できることだと考えている」

フェルナンド・アロンソは、昨年のメルセデスとの1.5秒の差をこの冬で縮められると考えるのは非現実的だが、それでも優勝争いに絡みたいと語る。

「縮めなければならないギャップは物凄く大きい。前年にコンストラクターズ選手権で6位だったチームが優勝するのは、これまで2009年のブラウンGPしか成し遂げていない」

そう語るフェルナンド・アロンソだが「今年は表彰台獲得では満足できないだろう」と語気を強める。

「僕たちは2017年の準備をかなり早い段階でスタートした。今季のマシンに多くのリソースを費やした。エンジンのフィロソフィーも完全に変わかっている。リスキーではあるけれど、勝つためには必要なことだった。過去2年のエンジンには、勝てる力はなかったからね」

「メルセデスは今年も高い競争力を発揮するはずだ。昨日、彼らの新車を見たけど、とても入念に作りこまれていると感じた。エンジン面でもアドバンテージがある。彼らはチャンピオンシップの最有力候補になるだろう。レッドブルもいい位置にくるはずだ。そのグループに入れることを期待している」

フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ MCL32

マクラーレン・ホンダ、MCL32を発表 / 2017年F1マシン
マクラーレン・ホンダ MCL32

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1 | マクラーレン