フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、F1オーストリアGPの決勝レースをクラッシュにより、リタイアした。

19番手グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、14番グリッドのキミ・ライコネン(フェラーリ)を追走していたが、コントロールを失ったキミ・ライコネンに追突。マシンとウォールに挟まれるカタチとなり、キミ・ライコネンのマシンに乗り上げてストップした。

幸い、両ドライバーともに怪我はなかった。この事故でセーフティカーが導入された。

フェルナンド・アロンソは、今週末のF1オーストリアGPでショートノーズを含めた新パッケージを搭載しており、「来週のテストで分析できるくらいの大量のデータを集めたい」と述べていたが、叶わなかった。

その後、セーフティカーが戻った後、ジェンソン・バトンもマシントラブルでリタイア。2台合わせて数周しか走ることができなかった。

画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン / F1オーストリアGP