フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンへの復帰には興味を持っていないと主張。だが、2007年シーズンに関してマクラーレンへの悪い感情はないと付け加えた。

マクラーレンは、セルジオ・ペレスの後任候補を評価しており、フェルナンド・アロンソ獲得を検討していると報じられた。

しかし、フェルナンド・アロンソは、マクラーレンへ復帰することに魅力を感じてはいないようだ。

フェルナンド・アロンソは、自分とルイス・ハミルトンに2007年のタイトルを争わせるというチームの方針に納得できず衝突。最終的にキミ・ライコネンがタイトルを獲得した。

フェルナンド・アロンソは、ロン・デニスがマクラーレン・グループの会長に専念するためにチーム代表の座を退いたことで、緊張関係はなくなったことをほのめかしていた。

マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュのフェルナンド・アロンソの2014年もしくは2015年のマクラーレン復帰に対するポジティブな発言について質問されたフェルナンド・アロンソは「それほどでもない。毎週繰り返し続けているし、また繰り返すけど、僕はフェラーリを愛しているし、最後までフェラーリにいるつもりだ」とコメント。

「毎年全チームの代表が僕の仕事をリスペクトしていると言ってくれるのを聞くのは嬉しい。個人的にマクラーレンは特にね」

「その年(2007年)に多くの問題があったとの噂が溢れているけど、僕は誰とも問題はないずっと言ってきた。ただチームのフィロソフィだった。特にもうあそこにはいない一人の人物のね」

「そのようなコメントは嬉しいけど、その意向はない。僕はあと3年フェラーリにいるし、契約を延長できるならばもっと多くを望んでいる。それが僕の望みだね」

フェルナンド・アロンソは、来年キミ・ライコネンを獲得するというフェラーリの決定を支持すると主張する。

キミ・ライコネンとペアを組むことに満足しているかと質問されたフェルナンド・アロンソは「もちろんだよ」とコメント。

「僕はその決定を推していたし、最終的に彼らはキミを獲った」

「フェリペ(マッサ)と素晴らしい4年間を過ごしてきたし、チームがフェリペを交代させると決断したとき、僕の意見では市場でキミが最高の選択肢だった」

「でも、今僕たちがやらなければならないのは、2013年のチャンピオンシップを戦うことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン