アルファロメオF1、周冠宇の2023年のチーム残留を発表
アルファロメオF1チームは、中国人ドライバーの周冠宇が2023年もチームに残留することを発表した。

2022年のF1デビューキャンペーンの成功の過程で、周冠宇は彼の若さを信じられないレベルの成熟度とレース技術を示し、現在のコンストラクターズチャンピオンシップで6位までの道を進むにアルファロメオF1の発展に貢献している。

F1に出場する最初の中国人ドライバーとして歴史を作った周冠宇は、デビュー戦となったバーレーンGPでポイントを獲得し、モータースポーツの最大のステージにいることを宣言した。チームメイトのバルテリ・ボッタスと強力なパートナーシップを築き、予選とレースの両方でラウンドごとにパフォーマンスの進歩を示し、彼のコミットメントと態度でチームに感銘を与えた。

周冠宇の資質の中でも、彼の勤勉なアプローチは、アルファロメオF1の全員の賞賛を得るのに役立っていまる。チームの本社の常連である周冠宇は、シミュレーター プログラムの進歩に貢献し、チームのC42から最大限のポテンシャルに引き出すためにあらゆる手段を講じてきた。
F1デビューシーズンの成功とそれに伴う経験により、周冠宇は彼の進歩の次のステップを目指す。

周冠宇は「Alfa Romeo F1 Team ORLENがもう1シーズン、チームの一員となる機会を与えてくれたことをうれしく思うし、感謝している」とコメント。

「F1 に参加することは夢の実現であり、レースで初めて競争する感覚は永遠に私と一緒に生き続けるだろう」

「チームは非常に協力的で、初日から僕を歓迎し、モータースポーツで最も複雑なシリーズに適応するのを助けてくれた.このスポーツで、そして、チームと共に達成したいことはまだまだある。今年の初めから一緒に取り組んできたハードワークは、来シーズンの目標に向けた第一歩にすぎない。学ぶべきこと、開発すべきことはまだたくさんあるけど、僕は自分たちの仕事に自信を持っている。僕たちの物語の次の章を一緒に楽しみにしている」

アルファロメオのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは「周と一緒に仕事を続けることを楽しみにしている」とコメント。

「チームとの初日から、昨年のアブダビテストで、彼の仕事へのアプローチに感銘を受けた。これは常に非常にポジティブな特徴だ。彼が速いことはわかっていたが、彼がこんなに短い時間でF1に適応したことは、今シーズン最大の驚きの1つだ」

「彼はとてもいい人で、チームの誰もが彼の性格と態度の両方を気に入っている。彼は謙虚に質問し、エンジニアやバルテリから学び、レースごとに改善するために得たすべての情報を適用する知性を持っている」

「彼はこの経験を次のシーズンに生かしてくれるだろうし、我々がチームを成長させ続ける中で、彼はさらに一歩前進すると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / 周冠宇