アルファロメオ、ザウバーF1チームとのパートナーシップを2023年で終了
アルファロメオは、ザウバーF1チームとのF1パートナーシップを2023年末で終了することを金曜日に発表した。

ザウバーF1チームを買収すると噂されるアウディが2026年からエンジンメーカーとしてF1に参入する契約を発表したわずか数時間後、アルファロメオはザウバーとのパートナーシップから撤退することを発表した。

2018年に始まったザウバーのタイトルスポンサーとして2023年の契約を延長することを再確認したばかりのアルファロメオは、2023年シーズンの終わりにチームを離れると述べた。

「アルファ ロメオは、ザウバー・モータースポーツとのパートナーシップが 2023年末までに終了することをお知らせする」

「アルファ ロメオは、2017 年に長期計画とともに F1への復帰を発表し、2022年7月には、パフォーマンス、マーケティング、チームとの積極的なコラボレーションと点でのシーズン前半の有望な結果に基づいて、2023年もザウバーとのパートナーシップを継続する決定を発表した」

「ブランドの経済的および産業的転換は2022年に達成されるため、アルファロメオは現在、テーブルにある多くの機会の中から評価し、長期的な戦略とブランドのポジショニングを維持するための最良のものを決定していく」

今年初め、アルファロメオのジャン=フィリップ・インパラト最高経営責任者(CEO)は、ザウバーとの提携は、同社の知名度を高める上で大きな成功を収めたと語った。

そして、ザウバーがアウディに関心を持っていることをよく知っていた彼は、チームが別の道を選ぶことについて冷静だった。

「我々はアルファロメオのビジネスモデルを変えるつもりはない」とジャン=フィリップ・インパラトは語った。

つか誰かが試みた場合、それが何であれ、我々は自分たちがしなければならない決定を下す」

「私にはたくさんの選択肢がある。112年前から存在しているアルファロメオのようなブランドにとって、世界は開かれている」

「我々はビジネスの面でポジティブな歴史を持っている。2021年はアルファロメオにとって数年ぶりに利益を上げた。したがって、実際にはストレスはない。パドックで聞いた話し合いについて、私はまったく怖くないし、不安も心配もしていない」

「私は毎日、ビジネスに集中できるほど穏やかです。」

アルファロメオがF1に関わり続けることが含まれているかどうかは不明だ。1つの可能性は、ネーミングライツを引き継ぐために別のチームに切り替える可能性がある。 最も明白なオプションは、ザウバーと同じフェラーリの顧客エンジンを搭載したハースF1チームかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / ザウバー