アルファロメオF1 「周冠宇を起用も中国スポンサーブームは来ていない」
アルファロメオF1は、中国人ルーキーの周冠宇が2023年にバルテリ・ボッタスのチームメイトであり続けるかどうかをまだ決定していない。

最近、アルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーは、23 歳の周冠宇が「今シーズンのサプライズ」だったと語った。

「昨冬のジャーナリストのコメントを読み返してみると、彼らは非常に懐疑的だった」とヤン・モンショーはコメント。

「そして、彼は素晴らしいドライバーだ」

しかし、アルピーヌF1チームの離脱を希望するオスカー・ピアストリが2023年のF1移籍市場“シリーシーズン”の鍵と見なされているなかで、アルファロメオF1は今のところそのシートを空けているようだ。

たとえば、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、F1での周冠宇の存在は商業的な観点からはうまくいっていないと指摘している。

Auto Motor und Sport によると、現在アルファロメオF1のリバリーに掲載されている中国企業は2社のみだ」

「中国企業にとって、同国人がF1に参加しているだけでは十分ではない」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「パフォーマンスが正しい場合にのみ、彼らは協力する」

一方、フレデリック・ヴァスールは、メルセデスF1チームとFIA(国際自動車連盟)が2023年に向けて“ポーパシング対策”のルールを大幅に変更しようとしていることに反対していることを明らかにした。

「1つの変更が他の多くの変更を伴うことがよくあるが、本当に必要なのはその反対だ。つまり、コストを抑えるための規則の安定性だ」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「F1チームは、問題を生み出すだけでなく、それらを解決することでも有名だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / 周冠宇