アルファロメオF1 「周冠宇はオーストリアGPに向けて体調万全」
アルファロメオF1チームのフィジオを務めるジョセフ・レベラーは、今週末のF1オーストリアグランプリで周冠宇が万全な体調で臨むことを確信していると語る。

F1レジェンドのアイルトン・セナのトレーナーだったことで知られる68歳のジョセフ・レベラーは、F1イギリスグランプリで周冠宇の逆さまになり、ロールフープがなくなって、バリアに激突したときにショックを受けたと認める。

「我々の車が行方不明になっていることに気付いたとき、私は『頼むから無事でいてくれ』としか考えなかった」とジョセフ・レベラーはSpeed Weekに語った。

「不確実性によって酷い気持ちだった。長い間テレビの映像が出ず、我々全員が『こんなことはまったく望んでいない』と考えていた」

「少し後、我々は彼が意識があるということを無線で聞いた」

同じく多重クラッシュに巻き込まれたアレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)はヘリコプターで病院に搬送され、一晩入院することになったが、周冠宇はシルバーストンのメディカルセンターでチェックを受けた後、レース終了間際にパドックに戻ってきた。

「もちろん、特に最初のチェックで彼が重傷を負っていないことが示されたので、誰にとっても大きな安心だった。我々はほとんどそれを信じることができなかった」とジェセフ・レベラーは語った。

ジェセフ・レベラーは月曜日にスイスに戻り、周冠宇は彼自身のトレーナー、マネージャー、母親と一緒にロンドンに飛んだ。現在、周冠宇は連戦となるオーストリアグランプリに向けて回復している。

ジェセフ・レベラーは、23歳の周冠宇はレースに向けて体調は万全だと語る。

「タイヤバリアを乗り越えた後の衝撃はそれほど大きくなかった。エネルギーのほとんどはすでに吸収されていた」とジョセフ・レベラーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / F1オーストリアGP / 周冠宇