アルファロメオF1、F1イギリスGP以降はスペアパーツ不足を解消へ
アルファロメオF1は、今週末のイギリスグランプリから十分なスペアパーツを用意しており、金曜日のフリー走行1回目に古いコンポーネントを走らせる必要はなくなる。

過去数戦で、アルファロメオF1は、特にトリッキーなフリー走行初日から立て直すことを余儀なくされる困難な週末に耐えてきた。信頼性の問題でトラックタイムを失うだけでなく、ドライバーのバルテリ・ボッタスと周冠宇は、古い仕様のパーツでレースに備える必要があった。

これは、アルファロメオF1のスペアパーツが少なく、金曜日にクラッシュすることで、週末のレースの残りの期間、最新のコンポーネントがない状態になるというリスクを冒したくなかったためだ。

しかし、最終的にファクトリーでのスペアパーツの生産に追いついたことで、アルファロメオF1はシルバーストンでの今週末のレースからの最新のパーツを両方の車に搭載することができるようになる。

アルファロメオF1のトラックサイドエンジニアリング責任者であるセビ・プホラルは、この状況について「我々はまだ金曜日に信頼性の問題があり、それを改善することに取り組んでいる」とコメント。

「しかし、金曜日のパフォーマンスの観点でも、我々は金曜日に古いパッケージを走らせてきた。次のレースから、週末を通して同じパッケージを走らせることができるようになるので、すべてが簡単になるはずだ」

セビ・プホラルは、スペアパーツの制限は、ファクトリーのリソースを流用したイモラでのスプリントでの周冠宇の事故を含めた、今年の初めのクラッシュの結果であったと説明した。

「シーズンの初めにいくつかの事件があった」とセビ・プホラルは語った。

「我々が走らせているパッケージのスペアパーツのすべての生産にキャッチアップする必要があり、並行して新しいパッケージの生産を行う必要があった。それが物事を制限していた。今後、シルバーストーン以降はすでに良い位置にいる」

「また、我々は少し余裕を持ってきた。バクー、モントリオール、モナコなどのウォールが近いトラックでは、金曜日に何らかのダメージがあった場合に後で影響が出ることを避けたかった。しかし、少なくとも次の数レースはもっと良くなるだろう」

今シーズン、アルファロメオF1は、時折印象的なペースを発揮しており、セビ・プホラルは、シルバーストンでレッドブルとフェラーリの背後にいる追跡集団の正面で戦うことに照準を合わせていると語った。

「ミッドフィールドのトップで戦うことは期待できると思うが、見てみる必要がある」とセビ・プホラルは説明した。

「一部のチームがシルバーストンにアップグレードパッケージをもたらすかどうかは分からないが、これまでのところ、すべてのトラックでかなり一貫していると言える。つまり、さまざまな種類のトラックとさまざまな種類の空力効率で失陥している」

「今後の数レースでは、ミッドフィールドのトップでアルピーヌとマクラーレンと戦うことを期待しており、さらにポイントを獲得してダブル入賞を達成できるかどうかを確認していく。それが我々の目標だ」

「我々は両方の車でQ3進出を望める立場にいる。それができれば、まずはアルピーヌとの堅実なレースを戦うことができる」

アルファロメオ・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / F1イギリスGP