アルファロメオF1、ギアボックスの自社製造は「予算上限を見越した」
アルファロメオF1チームが、フェラーリのパーツを使用するのではなく、独自のギアボックスケーシングとリアサスペンションを設計することを決定したのは、パフォーマンスよりも高額なこれらのコンポーネントを購入しないことでF1の予算上限規制を回避するためだった。

アルファロメオC42は、フェラーリのパワーユニットとギアボックスの内部を使用しているが、チームは独自のカーボンファイバーギアボックスケーシングを製造している。

これにより、リアサスペンションのさまざまなピックアップポイントを実行できるようになり、プッシュロッドのジオメトリが可能になる。

しかし、決定の理由は、チームのコストを計算するための「転送可能なコンポーネント」としてギアボックスのケーシングとサスペンションに付けられた高い価格にあった。

この数値は、コストキャップのコンプライアンスのために設定されたものであり、単に費やされた金額だけでなく、他のチームから購入しているチームが利益を得ないようにするための調整も含まれている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールによると、これらのコンポ―メントは「数百万ドル」であるため、2022年のコストキャップへの影響は大きな懸念事項ではなかったが、ベースラインの数値が1億3500万ドルに減少する2023年以降は不利になると考えたと語る。

「今日、フェラーリのケーシングとサスペンションを使用しているなら、これは概念的な価値の点で痛手だ」とフラデリック・ヴァスールは語った。

「概念的価値のシステムとは、コスト上限に“偽”の価値があることを意味する。フェラーリがパーツに設定している価格よりも安くすることができ、コストの節約になりるが、想定価格自体よりもはるかに安くなる」

来年までにコスト上限に達する予定であり、この種の選択では、明らかに新しい規制により、事前に質問を予測する必要がある。1年目から2年目、または2年目または3年目に、一部のコンポーネントのキャリーオーバーする必要がある」

「おそらく、ギアボックスまたはシャシーを1年目から2年目にキャリーオーバーし、このような監査システムを導入することになるだろう。ギアボックスのケーシングとサスペンションにフェラーリを採用することを決定した場合は、パーツと概念上価値を引き継ぐことになる」

「そして、ある段階で、コストの上限が下がり、苦労するでだろう。それが、我々自身のプロジェクトに進めることを決定した理由だ。少し野心的だった」

野心的ではあるものの、アルファロメオF1チームがシーズンに向けて力強いスタートを切り、F1コンストラクターズチャンピオンシップで5位を獲得するために31ポイントを獲得したことを考えると、このアプローチは成果を上げたようだ。これは、合計21ポイントを獲得した前の2シーズンからの大きな前進だ。

エンジニアリングの自由は、独自のギアボックスケーシングとサスペンションを製造する決定の要因でだったが、コストキャップの影響が主な動機だった。

フレデリック・ヴァスールは、コスト上限の下での想定価値の観点から、チームがギアボックスとリアサスペンションの製造に費やした金額とフェラーリから購入した場合との違いを「数百万」と説明した。

独自のデザインを製造するという決定により、アルファロメオF1チームはフェラーリからのリアサスペンションとピックアップポイントに関する情報を待つ必要がなくなり、開発を進める上で利点がもたらされた。

決定の主な理由が財政的または設計かと質問されたフレデリック・ヴァスールは「フェラーリが優れたサスペンションまたは優れたギアボックスを実現したことは間違いなかった」とコメント。

「しかし、最初のアプローチは、シーズンと将来の予算とコスト上限に基づいていた」

「また、独自のパーツを使用して開発を行うことができると、風洞での開発が少し簡単になる。自分がどこにいるのか、何が選択されるのかを知っている。フェラーリが図面をリリースするまで待つ必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1