アルファロメオF1、マイアミGPの目標は「打倒マクラーレン」
アルファロメオF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるゼビ・プジョラーは、チームの力強いフォームが継続し、今週末のマイアミGPでマクラーレンと戦えることを望んでいる。

今シーズン、特にバルテリ・ボッタスは、アルファロメオ C42のスピードを生かし、エミリア・ロマーニャGPでは5位でフィニッシュ。フェラーリとレッドブルの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”を目指して戦っている。

だが、マクラーレンもプレシーズンテストでのブレーキ冷却問題を乗り越え、過去数戦で進歩を果たしている。エミリア・ロマーニャGPではグリッドの3列目をロックアウトし、ランド・ノリスは3位表彰台を獲得している。

一方、バルテリ・ボッタスはレース終盤にメルセデスF1のジョージ・ラッセルを追いかけていたが、チームメイトの周冠宇はトップ10に入ることができなかった。

ゼビ・プジョラーは、マイアミGPでアルファロメオF1チームが再びミッドフィールドの上位ランナーと戦えることを望んでいる。

「我々はイモラよりも強いと期待している。レイアウトのタイプは我々に少し適しているかもしれない。だが、誰にとっても挑戦だ」とゼビ・プジョラーはMotorlatに語った。

「シミュレーターにレイアウトなどをすべてを配置してアイデアを得ているが、実際にそこに行ってどのように見えるかを確認する必要がある。そこの種のレイアウトは我々が強い可能性があるが、ターマックなど、実際の状況をすべて確認する必要がある。誰もが多くの期待を抱いているが、アルピーヌやマクラーレンと戦うことができるパッケージがあることは、非常に励みになっている」

「マイアミはレースウィークエンドにおいて異なるフォーマットになるので、さらに上位グリッドからスタートして、次のターゲットであるアルピーヌとマクラーレンとの特別な戦いをするのに役立つことを願っている。これまでのところ、我々はそこに到達していることを示していると思う」

「我々は今週末にそこについて、それができる可能性がある。彼らがマイアミでどのようなものを導入するかは分からないが、誰もがプッシュしていると確信している。それは健全な競争であり、誰にとっても良いことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1