アルファロメオF1 「周冠宇の到来はF1市場にビッグバンを引き起こす」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、中国人初のF1ドライバーとなる周冠宇を起用することで中国本土でのF1の露出が「爆発」することを期待している。

周冠宇は、2022年にアルファロメオF1でバルテリ・ボッタスのチームメイトとしてデビューを果たす。噂では中国からの3000万ドル(約34億円)のスポンサーマネーをチームにもたらしたとされている。

中国では第2のグランプリを開催する計画もあるとされ、中国初のF1ドライバーとなる周冠宇の到来は理論的に多くの関心を生み出した。

しかし、フレデリック・ヴァスールは、F1における周冠宇の存在は、中国に関連しているF1チームに大きな商業的機会を生み出し、潜在的なスポンサーはF1への関与を活用して中国の巨大な市場に浸透するのを助けると考えている。

「最初の感触はOKだった。中国市場になんとか入り込みたいと思っているが、それかかなり野心的で、かなり難しいことだと思う」

「発表の翌日、主に中国市場に参入したいヨーロッパ企業から連絡があった」

「私はF1や他のチームのために仕事をしているわけではない。だが、それはF1やすべてのチームにとっても大きなチャンスになると思う。露出は爆発的に増加する」

「それはシステムにビッグバンを引き起こすだろう。我々はそれをすべての人にとっての機会としてとらえなければならない。我々はこの分野で改善するために地獄のように推進している」

「しかし、最終的な目標は常にパフォーマンスであり、誤解を避ける必要がある」

フレデリック・ヴァスールは、周冠宇とアルファロメオF1との契約の詳細や期間は明らかにしていないが、特にF1の予算上限が500万ドル減の1億4000万ドルになる今年の中国人ドライバーの財政的貢献の重要性を認めている。

「我々はチームのパフォーマンスに200%重点を置いており、予算がパフォーマンスの一部であるという事実を隠す必要はない。また、コスト上限に到達することも目標としている。それは我々にとって重要なステップだ」とフレデリック・ヴァスールは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / 周冠宇