アルファロメオF1、バルテリ・ボッタスのアブダビテスト参加を調整
アルファロメオF1は、バルテリ・ボッタスがアブダビでのポストシーズンテストでマシンを走らせうことができるよう調整している。

バルテリ・ボッタスは、今シーズン限りでメルセデスF1を離れ、引退するキミ・ライコネンの後任として2022年にアルファロメオF1に加入することが決定している。

F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで開催されるポストシーズンテストでは、各F1チームは2台のマシンを走らせることができる。1台はスタンダードな2021年F1マシン、もう1台は2022年に導入される18インチタイヤが装着される。

後者は2日間のうち1日はヤングドライバーが運転し、もう1日には2021年グリッドのF1ドライバーが運転する必要がある。


アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスがヤングドライバーと一緒にテスト業務を担当できるように、メルセデスF1との話し合いが行われていると語る。

「我々はバルテリに数回会っている、そして、我々は彼をアブダビでマシンに乗せるためにメルセデスF1と話し合っている」とフレデリック・ヴァスールは The Race に語った。

「来年は完全に新しいマシンで、異なったものになる。我々にはシミュレーターがあり、多くのことをテストすることはできるが、一部のシステムは我々にとって重要だ」

「我々が行っていることについてフィードバックを得ることが重要だ。さらに、お互いのことを知り、関係を築いていくためにチームと作業をする機会を彼に与えることも重要だ。それをする良い機会だ」
「私は彼ら(メルセデス)とバルテリと良い関係を築いているし、私にとってそれは重要だ。我々がそれを実現できることを願っている」

周冠宇がアントニオ・ジョヴィナッツィに取って代わるという噂が真実であることが証明されれば、テストのヤングドライバーは、アルファロメオF1の2022年のラインナップのメンバーになる可能性もある。

アルピーヌF1の育成ドライバーである周冠宇が2022年にアルファロメオF1でデビューする可能性はますます高まっている。それが確実に判明するまでそう長くはかからず、次のラウンドで発表が期待されている。

「さまざまな理由でスポットライトが少し減った今、我々は決定を下する予定だ」とフレデリック・ヴァスールはメキシコで語った。

「おそらくブラジルの後、数日以内に決定を下すことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / バルテリ・ボッタス