アルファロメオF1、ライコネンに代えてボッタスの起用を検討?
キミ・ライコネンはF1キャリアのほぼ終わりにあり、アルファロメオF1は後任としてもう一人のフィンランド人ドライバーであるバルテリ・ボッタスの起用を検討していると racingnews365 は報じている。

キミ・ライコネンは、トップレベルで20年間レースを行ってきたが、グリッド最年長ドライバーとなった今、F1のペースに追いつくために限界までプッシュしなければならなくなったとジャーナリストのディーター・レンケンは語る。

前戦F1オーストリアGPでは、ファイナルラップでセバスチャン・ベッテルと不可解なクラッシュをしたキミ・ライコネン。その理由としてディーター・レンケンはライコネンの年齢を挙げる。

「確かに奇妙な事故であり、多くの点で説明がつかない。キミはレースの終わりに疲れていたのではないかと思う

「かなり骨の折れるサーキットだ。スピードは非常に高い。それに最も涼しい午後でもなかった」

「キミはレース終了間際、最終ラップで少し疲れて集中力を失っていたんだと思う。それだけだった。それに非常に深刻な事件だったかもしれないので、我々はこれらを防ぐ必要がある」

キミ・ライコネンのホイール・トゥ・ホイールでのレースにおける伝説的な腕前は衰え始めていると考えているかと質問されたディーター・たレンケンは、今回の事件とチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィに追突したポルティマオでクラッシュを例に挙げて、ライコネンのF1キャリアが終わりが近づいていると思うと答えた。

「最終的には、キミはかつて自然にやってきたようなレベルでパフォーマンスするのは非常に困難になっていると思う」とディーター・レンケンは語った。

「おそらくそのレベルに来ていると思う。そして、今年がキミにとって最後の年だと率直に信じている。彼が再びレースをするのを見ることはないと思う。今後、F1で彼を見れるかどうかは非常に疑わしい。彼はWECやGTに出場する可能性はあるし、ラリーに戻るかもしれない。彼のキャリアはかなり多様でもある。彼がWECやGTなどで成功できない理由は見当たらない」

ディター・レンケンは、元F1チームメイトのロマン・グロージャン転向したインディカーに行くことは、若い家族と幸せに暮らし、スイスに定住しているキミ・ライコネンにとって実現可能であるとは考えていない。

「この年齢でのそのような動きは厳しい挑戦になると思う。私はそう思う」とディーター・レンケンは語った。

「彼はスイスに定住している。スイスに家族がいある。彼はとても幸せな家族の男だ。WECプログラムはインディカープログラムほど骨の折れるものではない。だから、彼はWECの世界選手権レベルでパフォーマンスを発揮することができるはずだ。 LMPタイプのマシンでも、GTやスポーツカーでもいいが、彼はそこで非常に成功したキャリアを持つことができると思う」

キミ・ライコネンがF1引退を決意した場合、アルファロメオF1が誰を起用するかについて、ディーター・レンケンは彼の同郷であるバルテリ・ボッタスが非常に実行可能な選択肢であるかもしれないと考えている。

「キミが来年も続けないと仮定すると、彼の後任はバルテリ・ボッタスかもしれないと聞いている」とディーター・レンケンは語った。

「あまりにも主流から離れた話に聞こえるかもしれないことは分かっているが、バルテリが実際にそこにたどり着く可能性があることを示唆するさまざまな指針がある」

「彼は非常にいい話し手だ。彼は身だしなみもよく、とても見栄えがする。アルファロメオがザウバーチームとのパートナーシップを継続し、契約がまもなく延長されると仮定すると、そのようなブランドアンバサダーが必要になるだろう。バルテリはその要件を満たしている」

キミ・ライコネンの長いキャリアのすべてを目撃してきたディーター・レンケンは、20年以上前に初めてライコネンに会う機会があったことを覚えている。

「2001年にザウバーからF1ドライバーとして発表されたキミにインタビューした最初のジャーナリストになれたのはとても幸運だった。そのインタビューを覚えている。本当に楽しかった」とディーター・レンケンは語った。

ディーター・レンケンとキミ・ライコネン(2001年)ディーター・レンケンとキミ・ライコネン(2001年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン / バルテリ・ボッタス